お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

「彼氏へのLINEが面倒」なときの対処法 #LINE道場

二宮ゆみ

好きな人に送るLINEから、職場の上司に送るLINEまで。毎日使えるLINEテクニックを、元人気ホステス・二宮ゆみさんが解説します!

LINEをするとき、「なんて送ろう?」と悩む女性は多いはず。元人気ホステスで恋愛コラムニストの二宮ゆみさんに、相手の心をつかむLINEの送り方を解説してもらいます。今回は「彼氏のマメなLINEに返信するのが面倒なときの対処法」です。

わー……、贅沢……。

「彼氏が返信くれない! たまに返信きてもすっごいそっけない! スタンプだけとかヘコむ!! もっと彼とどうでもいいお話とかしたいのにー」

ってお悩みの方が多い中、なんて贅沢な案件なのでしょう……。

付き合って3カ月も経てば自動的に連絡こなくなるので大丈夫ですよ、と、ぶん投げたいところですが。

悩みに優劣はありません。ということで、こんな対処はいかがでしょう?

まず。レスが早いからといって、同じタイミングで返信してしまうと、それこそエンドレスLINEになる恐れがあります。

なので、返信速度を意図的にちょっとずつ遅らせていきましょう。

即レスすると、彼に「あ、即レスできちゃうからヒマなんだな。もっとお話できるんだ」と勘ちがいさせてしまう可能性があるからです。

もうお風呂入ってアロマ焚いてキャンドル灯してマッサージしてストレッチして寝たいからスマホいじってるヒマないのよね、って時間になったら、放置。

でもって、朝イチに「おはよー! ごめんね、昨日あのまま寝ちゃって(汗)」くらい返しておきましょう。

悪気はない、でも私のLINEのスタンスはこれくらいです。と、毎日のやりとりでわかっていただくのです。

あとは長文を返さないこと。マメに既読にしないこと。

とにかく、「彼女はLINEよりリアルで会うほうが好きなタイプなんだなあー、カワイイなあー!」と思わせることが重要です。

(二宮ゆみ)

お役立ち情報[PR]