お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

彼氏とケンカしたときに送ってはいけないLINE #LINE道場

二宮ゆみ

男性にLINEをするとき、「なんて送ろう?」と悩む女性は多いはず。元人気ホステスで恋愛コラムニストの二宮ゆみさんに、男心をつかむLINEの送り方を解説してもらいます。今回は、彼氏とケンカしたときに送るLINEです。

ケンカ。彼氏にどっぷり妄信する熱愛期間が終了すると、大小ありますがそれなりにしちゃいますよね。

だったら。どうせなら。

「オレの彼女はこんなにかわいかったんだなあ。やっぱり一緒にいたいなあ」と再認識してほしいし、「こんなつまんないことでケンカしなきゃよかった……」と後悔してほしいし、できればこっちに問題があっても「オレが悪かった、ごめん」と言ってほしい(笑)。

そんなときは、

「最近一緒にいられなくて寂しかったの……」
「好きすぎてヤキモチ妬いちゃった……ごめん……」
「ケンカするつもりじゃなかったのに……。今、泣きそう」

など、「ケンカしたせいで私は今こんなにも悲しい」という内容を泣いているスタンプと一緒に彼に送りましょう。

ケンカの内容はとりあえず置いといて、彼は「ハッ……! 今オレは彼女を悲しませている……!」と反省し、すぐに「オレもついカッとなっちゃってごめん」というような返信がくること、請け合いです。

ちなみに、オススメしないのは「下手に出すぎ」なLINEです。

彼の浮気が発覚したなどの深刻な内容ならともかく、ささいなきっかけからのケンカ程度で弱気になりすぎないようにしましょう。ちょっとしたケンカで大げさに謝っていたら、彼をつけ上がらせるだけですから(笑)。

(二宮ゆみ)

おすすめ記事

お役立ち情報[PR]