お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 人間関係

“孤独で寂しい”と不安な気持ちに悩むあなたへ。5つの対処法

浅野寿和(心理カウンセラー)

ふと寂しい気持ちになったり、孤独を強く感じてしまうことってありますよね。この記事では、孤独で寂しいと感じる理由や、孤独や寂しさを感じやすい人の特徴と対処法について、心理カウンセラー・浅野寿和さんに解説してもらいました。

人は誰しも、孤独感や寂しさで不安になったりつらくて苦しい気持ちになったりすることはあるもの。

そんな気持ちをひとりで抱え込みながら毎日を過ごすと、心が疲弊してしまいます。

どうしたら孤独で寂しい気持ちを解消することができるのでしょうか?

実は、孤独で寂しいという感情は隠すと問題になりますが、うまく付き合うと才能にもなるんです。

今回は、この孤独感への対処法・付き合い方について、心理カウンセラー・浅野寿和が解説します。

孤独で寂しいと感じる理由

まずは、孤独で寂しいと感じる理由から見ていきましょう。

ふと孤独や寂しさを感じる瞬間、みなさんにも思い当たるふしがあるのではないでしょうか?

孤独で寂しいと感じるのには理由があります。

代表的な理由を3つ挙げていきます。

(1)心の支えになる人がいない

自分の気持ちを話せる人など、心の支えとなる人を作らないと寂しさや孤独感が強まります。

何ごともひとりでがんばること自体は素晴らしいですが、自分がまわりの人から切り離されていると思ってしまうくらいひとりでいると、デメリットが生まれるのです。

(2)自分の存在が認められない

自分自身の存在が認められないときに孤独や寂しさを感じます。

毎日自分なりにがんばっていても、自分のよさや個性を認められていないときほど、孤独で寂しいと感じやすくなります。

(3)“私は人とちがう”という意識が強い

誰しも“私は人とちがう”という自意識を持っています。

しかし、あまりに自意識が強まると、人と関わる怖れが強まり、自分が傷つかないように「自分は人とちがう存在だから」というプライドを作る場合があります。

このプライドには、人とのつながりを切り離して自分を守る効果があり、プライドが強まる分だけ寂しさや孤独を感じやすくなります。

次ページ:孤独で寂しいと感じやすい人の特徴

お役立ち情報[PR]