お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

付き合う前にキスしてはいけない理由

唐沢未夢

交際前の微妙な時期に、気になる彼と雰囲気に負けて、ついキスをしてしまった。みなさんの中にも、こんな経験をしたことがある人がいるかもしれませんね。交際前のキスに興奮して、このまま付き合えるかも……? なんて舞い上がってしまうところですが、付き合う前のキスにはデメリットが多いのをご存知ですか? 今回は付き合う前のキスについてデメリットをまとめました。

遊んでいる人と思われる

・「誰とでもキスすると勘違いされ、軽く見られる」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「本気ではなく遊びだと思われる」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

軽い女や遊んでいる女と思われるのは、女性にとって嫌なことですよね。ムードに流され憧れの彼とついキスをしてしまうのもわかりますが、もしかしたら軽い女と思われるかもしれないというリスクも頭の隅に入れておくべきです。

本命になれない

・「本命として大事にされない気がする」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「付き合わなくてもいいと思われ、本命になれない」(27歳/その他/販売職・サービス系)

キスがふたりの仲を深めるのではなく、本命ではなくなることも。男性の中にはキスをしたことで満足し、その女性を本命として見られなくなる人もいるので注意が必要です。

身体の関係だけになる

・「身体だけの関係になってしまう可能性がある」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「身体だけの関係に発展しかねない、大事にしてもらえなさそう」(30歳/医療・福祉/専門職)

大切に愛を育むのをそっちのけで、すぐに身体の関係になってしまってはまさに都合のいい女。彼と真剣にお付き合いがしたいなら、簡単にキスするのではなく段階を踏んでからにしたほうが賢明です。

交際後の楽しみがなくなる

・「まずは手を繋いで、次のデートで顔に触れてみてといった、心がキュンキュンする計画を立てられず、後々の楽しみがない」(30歳/その他/その他)

・「付き合ってからキスしたときのドキドキ感が薄れる」(25歳/医療・福祉/専門職)

交際をはじめたのはいいものの、デート中のドキドキや、彼とキスをしたときのキュンキュンする気持ちが薄れてしまうことを危惧する声も多く聞かれました。交際後、キスやハグなど彼とのスキンシップを通して徐々に2人の仲を深めていきたい人は、付き合う前のキスはやめておきましょう。

まとめ

本当に愛おしくてしてついしてしまったキス、身体の関係が目的のキス、ただ何となく雰囲気に流されてしただけのキスなど、付き合う前のキスにもいろいろな意味があると思います。ただひとつ言えることはキスをしただけでは、彼の本心を知ることはできないということ。気になる彼と本当に幸せになりたいのならば、付き合う前のキスは考えもの。自分を大事にして、付き合う前のキスを拒絶しても、愛してくれる人と結ばれてくださいね。

(文:唐沢未夢、イラスト:mateppe/@mateppe

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年3月7日~3月11日
調査人数:390人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]