お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「頭がいい人」に共通する特徴! 仕事や恋愛傾向とは?

織田隼人(心理コーディネーター)

「頭がいい人」の特徴

頭のいい人は、「知識」があり、その知識を「活用」でき、またさらにその状態を「まわりに受け入れられる」人であるといえます。

この3つがうまく組み合わさっていると、頭がいいという評価を得られやすいです。

知識欲が高く、好奇心が旺盛

頭がいい人は知識を持っていること、また知らない知識に対しても貪欲に仕入れていこうとする傾向があります。

「もっと知りたい」と考えるからこそ知識が増えて、その人の武器になっていきます。

結果、人よりもたくさんのことを知っているので、「あの人はいろんなことを知っているね」という評価から頭がいいといわれます。

とっさの機転が利く

知識や経験の活用が上手な人が、頭のいい人といわれやすいです。

ちょっとした会話の中で機転の利いた返しができたり、誰かが困っていたときにすっといい解決方法を提示したりできると、頭がいいという評価につながります。

知識を持っているだけではなく、知識の活用がうまいからこそ「頭がいい」といわれます。

企画力、アイデア力、実践力がある

人の思いつかないようなプランを立てることができたり、柔軟な発想で物事を考えることができたりする人も頭がいいといわれます。

人が思いつかないような発想は、さまざまな知識を理解した上で自分の中で再構築しているからこそできることです。

深いところでさまざまな知識がその人の頭の中でつながっているので、いい企画を立てることができ、その企画によってまわりの人に新たな気づきを与えることができます。

結果、頭がいいといわれます。

納得させるのが上手

頭がいいというのは、まわりの人の評価があってはじめて頭がいいといわれます。

自分の意見を言ったときに、相手がその意見に賛同するような言い方をします。

ただ正しいと思ったことを言うのではなく、相手に受け入れられるような伝え方をします。

場合によっては、自分のプラン自体を隠して相手をうまく誘導して、相手が思いついたかのように巧みに仕掛ける場合もあります。

結果、相手が納得して意見を取り入れ、そして実際に物事が動き出すようになります。

コミュニケーション力に長けている

コミュニケーション力といっても「仲よくする」という意味のコミュニケーションではなく、「すべきことを決める」のが上手、という意味でのコミュニケーション力が高いという意味です。

素晴らしいアイデアがあっても誰も行動しないものであれば、そのアイデアはただの思いつきとして処理されます。

そうではなく、誰かを動かしたり、自分で動く場合に、賛同や援助を受けられるような形で進むようコミュニケーションを取れる人が頭がよいといわれます。

参考記事はこちら▼

あなたの「賢い人度」を診断でチェックしてみましょう。

次ページ:「頭がいい人」の仕事のやり方

SHARE