お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

キザなセリフを言う男性の心理は? 恋愛感情はある?

織田隼人(心理コーディネーター)

キザなセリフを言う男性に対する正しいリアクション

少し好意を持っている男性だとしても、あまりにキザなセリフを言われると少し引いてしまいますよね。

とはいえ、それを顔に出すと、男性も傷ついてしまいます。キザなセリフを言われたときのリアクションは、どのようなものがベストなのでしょうか。

笑顔とジェスチャーだけで乗り切る

キザなセリフに対して言葉を返すのはちょっと難しいときがあるかと思います。その場合は笑顔になってジェスチャーで乗り切りましょう。

相手の言葉に対してOKと思ったらうなずいたり、NGと思ったら首を振ったりしてジェスチャーだけで返すと、場の空気も悪くならず返事ができます。

ジェスチャーだけで対応すると、相手はそのうちしゃべることがなくなり、お互いに無言になっていい雰囲気だけが残ります。

「ありがとう」など普通の言葉で返事をしていく

相手の言葉にノリを合わせてしまうと、キザなセリフがどんどん膨らみ、男性の勢いが止まらなくなってしまうことも多いです。

そのため、言葉で返すのであれば「普段から使う普通の言葉」で対応するのが正解。

「ありがとう」とか「うれしいです」というような普段から使うような言葉で返事をしていくことで彼のほうもキザなセリフが使いづらくなっていき、普通の言葉に戻っていきます。

ギャグとして受けとる

真剣な告白といった、男性が気合いを込めているときは別ですが、男性が何度もキザなセリフをいってくるようなときは相手のセリフをギャグとして受け止めて、「おもしろーい」と笑ってすませるのもよいでしょう。

キザなセリフをギャグとして受け止められると男性は「恋愛としての効果はないかも……」と思い、キザなセリフを言う意味がないということを学習します。

何度か繰り返せば「歯の浮くようなセリフを言うより素直な気持ちだけ伝えよう」という気持ちに男性もなっていくでしょう。

相手のノリに真剣に合わせていく

自分もドラマチックな雰囲気が好きなのであれば、いっそ相手のノリに合わせしまってもよいでしょう。

自分の気持ちが盛り上がっていくので、そのうちキザなセリフにも慣れ、自分も幸せな世界に入り込むことができます。

喜んであげる

キザなセリフをいわれて「ちょっと微妙だけど気持ちはうれしい」というときには喜んであげるとよいでしょう。

喜ぶことで男性はキザなセリフを続けることになりますが、それが嫌でなければ相手のセリフを受け入れてあげるのもひとつの方法です。

恋の盛り上がりは自然に落ち着いていくものなので、キザなセリフもある程度は自然に落ち着いてきます。

次ページ:キザなセリフは愛情の表れ

SHARE