お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

心理カウンセラーが教える。「ミラーリング効果」で彼氏を作る方法

凛音(りんね)

人は自分と同じタイミングで同じ動きをする人に、無意識に親しみを感じるもの。この心理を活かしたテクニックが「ミラーリング」。片思いの男性へのアプローチにも「ミラーリング」を使うと、彼の気持ちはグッとこちらに近づいてくるんですよ。この記事では、恋愛に活かせる心理テク「ミラーリング」の使い方を、心理カウンセラーがご紹介します。

好きな人ができると毎日が楽しくなりますが、片思いのままではつらいもの。やはり「自分に好意をもってほしい」「付き合いたい!」と願うのは当然です。

とはいえ、どうアプローチしたら彼が振り向いてくれるのかがわからないと、彼との仲も進展しませんよね。

そんなときに使えるのが心理テク。人間の心理を活かしたちょっとしたテクニックを使えば、彼の気持ちはグッとこちらに近づいてくるのです。

そこで、恋愛に活かせる心理テクのひとつ「ミラーリング」の使い方をご紹介しましょう。

そもそも「ミラーリング」って何?

人は自分と同じタイミングで同じ動きをする人に対して、親しみや安らぎを感じます。

たとえば、赤ちゃんをあやすとき。表情に合わせて笑ったり目を大きくしたりすると、赤ちゃんは喜びますよね。「波長が合う」と感じ、安心感を得るのです。

この心理を活かしたテクニックが「ミラーリング」。まるで鏡を見ているように、相手と同じ動きをします。

同じ態度や表情をされることで、相手は無意識のうちに「この人とは接しやすいな」と感じ、心の距離が縮まるのです。

カウンセリングでも相手との信頼関係を築くために使いますが、営業マンが商談をするときなどにも親近感や好感度をアップさせるために効果的な心理テクです。

次ページ:恋愛では「ミラーリング効果」をどう使えばいい?

お役立ち情報[PR]