お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

作り方がわからない! 社会人が「恋人を作る方法」

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

「すぐ恋人ができる人」と「できない人」のちがいは?

二者の決定的なちがいは「いいなと思った男性がいたとき、自分から行動を起こせるかどうか」です。

すぐ恋人ができる女性は、いいなと思った相手がいたら失敗を恐れずすぐに自分からアプローチします。

それでうまくいかなかったら「はい次!」で、また同じようにチャレンジを繰り返しているのです。

昔から彼氏が途切れたことのない女性って、実は自分から先に行動を起こしていることがほとんどなんです。

逆に、恋人ができない女性は、失敗を恐れて相手からアプローチしてくるのを受け身で待っています。

この場合、向こうからやってくることはほとんどなく、ぼけーっとしているあいだに、あとから登場した“すぐ恋人ができる女性”に横からかっさらわれていくのが成れの果てです。

すごく仲よくしている男性がいて、「この人といずれ付き合うんだろうな」と思っていたら、ある日突然「実は彼女ができたんだ」と打ち明けられた女性のほとんどは、このパターンに当てはまっていますね。

そして、「なんで私を選んでくれなかったんだろう」と意気消沈している女性がいますが、アンタが動かんかったからやんという話です。

そもそも、チャンスというものは自分から奪い取りに行くぐらいの気持ちじゃないとつかめないんですよ。

行動しなきゃ何も生まれない

以上が、「社会人のための恋人の作り方」になります。

結局、恋愛も自己啓発の世界と同じなので、「行動しなかったら成功もしないし何も生まれない」ということなんです。

恋人がほしかったら、活動範囲を広げること。その中でいいなと思った人がいたら、自分からアプローチするぐらいじゃないと先に進まないんですよね。

もちろん、成功率を上げるためには、女性としてだけではなく人としての魅力の底上げも必要なので、その点はお忘れなく。

(藤本シゲユキ)

※画像はイメージです

▼恋人の作り方診断をチェック

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

1975年、京都府に生まれる。

17歳~29歳までバンドマンとして活動、30歳を目前にホスト業界に転身する。その後、ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。これまでに培ったノウハウを改良し研究を重ね、現在は悲恋改善アドバイザーとして活動中。

豊富な人生経験と鋭い感性、洞察力を基に、恋愛&生き方を指南するブログ「だまされない女のつくり方」は、月間100万PVにのぼる人気ブログに。著書には『本命になる技術』(WAVE出版)、『これまで、何も起きずに終わっていたあなたへ友達をつくるように、彼氏ができる本』(大和出版)、『幸福のための人間のレベル論―「気づいた」人から幸せになれる!』(さくら舎)『本当の彼氏のつくりかた』(廣済堂出版)がある。

この著者の記事一覧 

SHARE