お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

友達と恋人の違いって? 男性が考える恋と友情の境界線

タイガモンスター

仲のいい男友達の気持ちをチェックする4つのポイント

気になる彼が自分のことを女友達としか見ていないのか、異性として意識してくれているのか、やっぱりわからない……そんなあなたに、彼の好意の有無をチェックするポイントを考えてみました。

これらに当てはまっていれば、彼があなたのものになる日は近いかも!?

今のうちにベビーカーまで買っておきましょう!

(1)「過去の恋愛」に興味を示してくる

男性は、基本的に他人の過去の恋愛に微塵も興味がありません。

他人の過去の話を聞かされるくらいなら、ポン・デ・リングを分解して再構築している時間のほうがまだ有意義です。

ですが、気になる女性の過去の恋愛話には、めちゃくちゃ興味があります。

過去の恋愛話を聞くことで、「好きなタイプ・好きな服装・好きなデート・してはいけないこと・別れた理由」など、その女性と付き合う上でめちゃくちゃ重要な情報が手に入るから。

これ、受験における過去問対策みたいなものです。

もし、彼があなたの今まで付き合ってきた人の話などを聞いてきたら、好意のサインと受け取っちゃってください。

ほらほら遠慮せずに~。

(2)LINEで「会話のラリー」を終わらせない

好きな人とのLINEって、一生終わらせたくないですよね?

もはや、心臓の鼓動みたいなものなので、止まったら不安で夜も眠れません。

定番なものでいえば、やたら疑問文を送ってくるとかですかね。

彼が「好きな元素とかある〜?」など、自分の情報を知りたがる場合は脈ありです。

ほかにも、寝る前の「おやすみ」を言わない、というものも挙げられると思います。

というのも、「おやすみ」っていう言葉は、その日の会話を終わらせる言葉じゃないですか。

カップルの場合は「おやすみ」を言っても、朝「おはよう」から会話がはじまることが見えているので、特に気にしません。

一方、付き合っていない状態では、「おやすみ」で会話を終わらせてしまうのを避けるため、男性は寝るときにあえて「おやすみ」を言わないことがあります。

翌朝になって、昨晩のLINEの内容をしれっと続けてくる場合は、2人の関係がアチチな可能性を考えてもよさそうです。

(3)会ったときに「次の予定」を決めようとする

お互いの仕事の休みがなかなか噛み合わないのは、社会人あるある。

また、LINEで日程を合わせるのってなかなか大変ですよね。

そのため、遊ぶモチベーション自体はあっても、予定が合わずに流れてしまった経験をしたことがある人も多いはず。

こういった経験から、男性は好意を持つ女性に対しては、直接会っているときに次の予定を決めようとします。

たとえば、「そういえば今日、ケーキ好きって言ってたじゃん! 神楽坂においしいケーキ屋さんができたらしいんだけど、今度行ってみない? いつなら空いてる?」みたいな感じで次のアポを組もうとしてきたら、もうゴリゴリのラヴです。

(4)なんだかんだ「褒めてくる」

男女が出会って3カ月未満は新鮮さが勝つから褒めやすいけど、それ以上一緒にいると友達感が出てしまって、なかなか外見などを褒めにくいもの。

そんな状況でも「服のセンスいいよね」などと褒めてくれる場合は、気があるサインかもしれません。

次ページ:女友達から彼女になるステップは焦らずに落ち着いて!

SHARE