お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男友達の脈ありサインとは? 見逃しがちな9つの言動

下村さき

男友達のことが気になるけれど、相手も同じ気持ちか分からないと不安ですよね。実は彼の言動には脈ありサインが潜んでいるのかもしれません。今回は恋愛コラムニストの下村さきさんが、言動やLINE・連絡頻度から分かる男友達からの脈ありサインを解説します。

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。心許せる男友達のことを気付いたら好きになっていた……なんて経験がある方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、「彼は私のことをどう思ってるの?」と思ったらチェックしてほしい、男友達からの脈ありサインを徹底解説します。

シーン別、男友達からの脈ありサインを徹底解説

ここでは、男友達の脈ありサインを「言動(発言や行動)」「態度」「LINE・電話」のシーン別にご紹介します。

男友達からの脈ありサイン:言動編

まずは、男友達からの脈あり言動をご紹介します。普段のやり取りを振り返ってみて、以下のような行動や発言をしていたら脈ありかもしれませんよ!

(1)よく話しかけてくる

よく話しかけてくることは脈ありサインの1つです。人間は、好意を持つ相手でないとわざわざ話しかけるということはしないものです。

……と言っても、元々仲の良い友達関係ならば、これだけでは「脈あり」とは言い切れません。

よく話しかけてくるという最低条件にプラスして、脈あり言動がないかを見極める必要があるでしょう。

(2)前に話したことを覚えていてくれる

2つ目は、前に話したことを覚えていてくれているかどうか。

例えば、「前におすすめしてくれた映画、見てみたよ!」と言ってきたり、2回目以降の食事の場で「辛い物は苦手だったよね?」とか「ホルモン好きって聞いてたから、良さそうなお店調べたよ!」といった言動が見られたり……。

日々忙しく暮らす現代人にとって、前に聞いたことを覚えているというのは、簡単なようで意外とできないこと。

この場合、友達の中でも「大事な友達」いわゆる、「友達以上恋人未満」には達していると言えるでしょう。

(3)ちょっかいを出してくる

3つ目は、ちょっかいを出してくること。

これは男友達の性格にもよるので一概には言えませんが、基本的に男性は「好き」という気持ちを表現するのが苦手な人も多いもの。

ですから、直接的なアピールではなく照れ隠しとしてちょっかいを出してくるということがあり得ます。小さい頃の「好きな子をいじめる」行為が、少し大人な対応になったようなイメージですね。

例えば、つまらないことをわざわざ話しかけてきたり、何かにつけてあなたに意見を聞いてきたりするようなことがあれば、それは男友達からの脈ありサインかもしれません。

男友達からの脈ありサイン:態度編

次に、男友達からの脈ありサイン・態度編をご紹介します。以下のような態度を取られたら、相手は友情だけでなく、恋愛感情を持っているのかもしれないと判断できますよ。

(1)2人きりになろうとする

とても分かりやすい態度ですが、2人きりになろうとする態度が見られた場合、脈ありである可能性が高いです。

例えば、「飲みに行く」という話をしている時に、友達関係ならば他の共通の友達を誘う話も出るでしょう。

ですがそんな時に「2人で良くない?」と言ってくるとか、みんなで飲み会に行った後、2人きりで2次会に行こうとするとか……。

大勢の場でも2人で話す時間をつくっているような態度があれば、男友達からの脈ありサインと考えて良さそうです。

(2)体調を気遣ってくれる

あなたの体調をさりげなく気遣ってくれるというのも、1つの目安になります。

例えば「いつもと違うけど……」とか、「最近ちょっと忙しそうだけど……」というような発言を伴うなら、男友達が普段からあなたのことを見ていて、変化に気付いているということ。あなたを気にしてくれている証拠です。

(3)昼間から会おうとする

好きな人と過ごす時間はあっという間に過ぎるものです。

例えばデートの約束をする場合、長く一緒にいたいからこそ、 昼間に集合して、夜遅くまで一緒にいるという方が多いのではないでしょうか。

ですので、男友達と遊ぶ時、「夜、飲みに行く」「夜ご飯に行く」だけではなく、昼間から会おうとしてくれるのなら、脈ありの確率が高いです。

男友達からの脈ありサイン:LINE・連絡編

男友達とのLINEや電話の特徴からも、脈ありサインを見抜くことができます。ただ仲が良いだけだと思っていたら、実は脈ありだったのかもしれませんよ。

(1)連絡頻度が多い

友達関係であれば一概に連絡頻度で「脈あり」は判断できませんが、1つの指標にはなります。

やはり、連絡頻度は多い方が脈ありである可能性が高いです。

ですが、いくら連絡頻度が多くても業務連絡だけといった場合は脈ありに該当しないこともあるので、下記2つも併せて確認してみてください。

(2)用事がないのに連絡してくる

用事がないのに連絡してくるのは、脈ありである可能性が高いです。

自分に置き換えてみれば分かると思いますが、好きな人にはどうしても連絡したくなるもの。

ですから、業務連絡ではなかったり、会った時に話せば良いことをわざわざ連絡してきたりするなら、脈ありと期待してもいいでしょう。

(3)連絡が途切れない

例えば日中にずっとLINE続いていても、夜になれば「おやすみ」と送ったり、「じゃあ、また今度!」と送ったりすることで、会話を切ることができます。

相手がそれをすることなく連絡が続いていたり、「おやすみ」と切った翌日に「おはよう」と再度連絡をしてきたり……ということがあれば、これもまた脈ありの可能性が高いです。

好意があるからこそ、それだけ相手はあなたと話を続けていたいのです。

次ページ:勘違いしやすい疑似脈ありサイン3つ

SHARE