お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

別れて「死ぬほど後悔」した彼女の特徴

マイナビウーマン編集部

カップルには、出会いもあれば別れもありますよね。感情的に別れてしまったり、円満にお別れしたり、さまざまな別れがあると思います。そして、すでに別れてしまった彼女が忘れられず、後悔する男性はたくさんいるようです。別れたあとに「死ぬほど後悔した女性」の特徴は、どのようなものがあるのでしょうか? 今回は社会人男性のみなさんに「別れて死ぬほど後悔した女性の特徴」について聞いてみました!

料理上手だった彼女

・「死ぬほどではないが、料理が得意な彼女と別れたときは、よく作ってくれた食べ物がもう食べれないと思うと、ショックでした」(30歳/食品・飲料/営業職)

・「料理がうまくて、いつも夕食をとても楽しみにしていたが別れたらそれがなくなってしまった。今はインスタントラーメンばかりになってしまって味気ない」(36歳/情報・IT/技術職)

「男は胃袋を掴め!」という言葉がありますね。料理上手の彼女に胃袋を掴まされた男性は、食事のたびに元カノを思い出してしまい後悔するようです。

とにかくかわいかった

・「かわいくてモテるから自慢だったとき」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「無茶苦茶かわいくてスタイルもよかったひと」(37歳/情報・IT/技術職)

とにかく見た目がかわいいと、自慢の彼女になりますよね。まわりからも羨ましがられる美貌を持った彼女を手放し、「惜しいことをした」と感じる男性は多いようです。

価値観が合っていた

・「価値観が一緒で料理もできて、やさしかった彼女。結婚したいと思ってたくらい」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「一緒にいて楽しかった、同じ価値観だった」(38歳/その他/事務系専門職)

価値観の合う女性というのは、なかなか簡単には見つけられないですよね。一緒に過ごしていて居心地がよかったとあとから気づく男性も多いようです。

気配り上手な彼女が忘れられない

・「自分の時間を大切にしてくれて、気配りもできる」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「誰に対しても気配りができてやさしく、気立てもよくかわいい」(36歳/その他/販売職・サービス系)

気配りや配慮ができる女性は、男女ともに好かれますよね。自分に一生懸命尽くしてくれる彼女が大好きだったという回答は多数ありました。

後悔した経験はない!

・「何回か別れの経験があるが、今のところ死ぬほど後悔するような彼女と出会ったことはない」(24歳/建設・土木/技術職)

・「基本的に後悔はしないです。別れたらそれまで」(33歳/その他/その他)

「別れた女性に対して後悔はない」そんな男性も多数いました。別れたら、すぐ次に気持ちがシフトできる潔い男性もいるようですね

まとめ

いかがでしたでしょうか。アンケートの回答から、普段の積み重ねも大切だということがわかりました。たとえ彼氏に振られてしまっても、別れたあとに後悔させられるような女性になりたいもの。よりグレードアップした女性になって、彼を見返したいですね。

(文:マイナビウーマン編集部、イラスト:みつ汰 (ku)/@mitsuta_on

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年1月28日~2月4日
調査人数:393人(22~39歳の働く未婚男性)

お役立ち情報[PR]