お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

別れても再会できる運命の人の特徴

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

「私だけの運命の人と結ばれたい!」と思う女性は多いと思います。

でも、運命の人って漠然としたイメージしかないし、どうやって見極めればいいのかわかりづらいですよね。

運命の人と出会うとき、心は自然とその人に傾き、違和感のない愛情を覚えます。

別れても再会できる運命の人にはどんな特徴があるのか、恋愛コラム二ストのひろたかおりがお伝えします。

運命の人の特徴とは?

運命の人には、どんな特徴があるのでしょうか。

(1)初対面でも自然に話せる

はじめて会う人とは、緊張してうまくしゃべれなかったり、相手の話を落ち着いて聞けなかったり、リラックスできるまで時間がかかるという人が多いのではないでしょうか。

運命の人の場合は、話し始めたときからすんなりと言葉が出る、相手の話がまっすぐ心に入ってくるなど、スムーズな会話ができることが特徴です。

自然と親しくなれるのは、心の波長が似ているから。

会話は言葉のキャッチボールですが、初対面でもすぐに心を開けるので、無理なく話が続くのですね。

(2)沈黙するときがあっても緊張しない

会話をしていると、ふいに訪れる沈黙に気まずい思いをすることがありますよね。

焦って次の話題を探し、慌ただしく会話を再開させる……なんてことが、運命の人とはありません。

言葉が途切れる瞬間があっても居心地の悪さを感じないのは、2人で過ごす空気が自然だから。

沈黙しても相手の様子をうかがうような緊張感がないので、リラックスして会話を楽しめます。

(3)物事の感じ方が似ている

たとえば、「まわりに人が大勢いるところでは落ち着いて食事を楽しめない」とあなたが言ったとき、「わかる。気が散って食事に集中できないよね」と普通に答えてくれる。

小雨が降っているけど少しの距離だから走ってもいいかな、と思っていると「これくらいの雨なら走るほうが早いよね」と同じ気持ちで行動してくれる。

このように、運命の人とは、物事の感じ方が似ています。

よいことでも悪いことでも考え方が似ているので、一緒に行動するときに違和感がなく、ストレスを感じずに過ごせるのですね。

(4)一緒にいると落ち着く

どうしてなのか理由は説明できないけれど、この人と一緒にいると居心地のよさを感じる。

2人でいると落ち着いて、ずっと一緒にいられると思うのは、相手に対して信用があるからです。

「この人は信じられる」と無意識に思っているので、心を開くことに抵抗がなく、相手もまた同じように違和感なく隣にいられます。

居心地のよさは、必ず2人ともが感じていないと生まれません。

それだけ、心の距離が近いといえます。

(5)「きっとまた会える」と思う

運命の人とは、別れるときになっても「きっとまた会えるだろうな」という確信が自然と生まれます。

特に約束しなくても、このまま終わりにはならないだろうと思えるのは、心が深い結びつきを感じているから。

そして、相手も同じように思っていることがわかるからです。

「また会いたいな」ではなく、「きっとまた会うだろうな」という“予知”のような実感は、2人がともに思うことで実現します。

次ページ:運命の人の見極め方

お役立ち情報[PR]