お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

「好みの女性」と「付き合う女性」は同じ? #恋の答案用紙

神崎桃子(体験型恋愛コラムニスト)

女性が気になる恋愛のアレコレを、男性たちに2択アンケート調査。結果をもとに、恋愛コラムニストの神崎桃子さんが男心を分析します。今回は「好みのタイプ」にまつわるアンケート。

「好みの女性のタイプ」と「付き合う女性のタイプ」は同じ?

「え……、なんでこの人なの?」
「あっちの男性のほうがよかったのに……」

自分好みの男性からは見向きもされないのに、好みじゃない男性から誘われるなんてこと、女子にはあるあるなケースじゃない?

「どうしよう、この人、正直タイプじゃないんだけどなあ……」と悩みつつ、悪い人じゃないから付き合っちゃったなんて過去もあるかもね。

それは男性だって同じ。実は自分の好みじゃない女性と付き合っている、なんてこともなきにしもあらず……。

世の中には、初っ端から“自分のタイプ同士”で付き合えたビンゴカップルなんてそうそういないのかも。ということで、今回はこんなことを男性たちに聞いてみたよ~。

Q.「好みの女性のタイプ」と「実際に付き合う女性のタイプ」は同じですか?

はい:41.8%
いいえ:58.2%
※有効回答数177件

自分好みの女性と付き合える男性は幸せだろうね。ま、自分から積極的に攻めるという努力の結果なのかもしれないけど。

でも現実は、「好みの女性と付き合う女性がイコールじゃない男性」のほうが若干多いという結果に! 女子の恋愛あるあると同じなのかも。

「好みの女性と付き合う派」と「好みじゃない女性と付き合う派」、それぞれの男性の本音に迫ってみるよ~。

「好みのタイプと付き合うタイプは同じ」派の男性心理

好みじゃなければ恋愛感情がわかない

・「好みの女性にしかもともとアプローチしないし、接触しようとしていない」(33歳/金融・証券/専門職)

・「好みの女性のタイプじゃないと恋愛感情を抱かないから」(31歳/情報・IT/技術職)

恋愛の王道は「男性は追う側、女性は追われる側」だもん。「追う側」の男性からしたら、普通は好みじゃない女性に自分から近づかないよね。

だからこそ、早い段階で「恋愛対象としてアリかナシか」の線引きをする。好みじゃないと、アクションを起こさないのは当然よね。

ターゲットにされた女性は、男性から熱心にアプローチされることで、好みのタイプじゃなくとも食事やデートに行くこともあるだろうね。

付き合ってから後悔したくない

・「付き合ってから、やっぱり自分の好みとはちがう人だからと思いたくない」(38歳/その他/販売職・サービス系)

・「軽い付き合いをしたくないから妥協しない」(30歳/情報・IT/技術職)

好みじゃないと付き合いたくないのは、後悔するから。付き合って好きになれたら御の字だけど、好きになれなかったときは付き合ったことを悔やむだろうね。

「好き」という気持ちがなければ、デートプランを考えるのも億劫だし、デートしていても楽しくないし、会うこと自体も面倒になるだろうしね。

それに、好きな女性のワガママならかわいいと思えるだろうし、待ち合わせの時間に遅れても許せるだろうけど、好きじゃなければそういうことも許せなくなるもの。自分が惚れた女性だからこそ寛大になれるんだろうね。

「好みのタイプと付き合うタイプはちがう」派の男性心理

「好みの女性」と「付き合ってうまくいく女性」はちがう

・「付き合う際はいかに楽で気が合うかが大事」(30歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「顔の好みだけで選ぶなら、遊び相手で十分だと思うし、やはり中身が大事」(36歳/その他/その他)

好みの相手を目の前にすると、かっこつけたり背伸びしたり、なんてことも出てくるだろうね。でも、そこそこの相手なら我慢せず自分らしくありのままでいられる……。

男性は気楽さを求めて、趣味や嗜好など共通点がある、気が合いそうな女性を選ぶこともあるの。

自分好みの顔やルックスではなく、「精神的にくつろげる相手」と付き合う男性は少なくないだろうね。

好みではない相手に、急に惹かれることもある

・「実際に出会う人は十人十色で、理想像とちがう魅力に惹かれて好きになるもの。理想と現実は別物」(36歳/自動車関連/技術職)

・「好みの女性ということは自分にとって完璧な人ということになり、そんな人は実在しないので、現実的には気持ちが動いたほうと付き合ってきました」(39歳/商社・卸/営業職)

恋愛対象になるかどうかは、相手の見た目や最初の印象で判断しがちだけどさ、その情報だけがすべてじゃないよね。

出会ってすぐには、その人の魅力が出てこないことのほうが多いもの。女性だって「この人とはないな~」って思っていたのに、次第に好きになっちゃうこともあるんじゃない?

たとえ男性の外見が好みじゃなくとも、「真剣に仕事に取り組んでいた」とか「親身になって相談に乗ってくれた」とか「困っているときに助けてくれた」なんてきっかけで惚れちゃうことも……。

かかわっていく中で相手の魅力に気づくのは、素敵なことだよね。見た目の情報だけで「タイプじゃない」と思ってしまうのはもったいないことよ。

好みじゃなかった相手が「大切な人」に変わることも……

男女の仲とは不思議なもので、出会った当初は「好みじゃないわ~」と思っていた相手と結ばれることもある!

人は付き合ってみないとわからないもの。自分のタイプじゃなくとも、かかわってみたら相手のいいところに気づいて、ジワジワと好きになっていくこともある。

「そうでもなかった相手」なのに、自分にとって「すごく大事な人」に変わったら、それこそめっけもん!! タイプではなかった男性と付き合って、恋愛の価値観が変わることもあるのよ。

自分の好みかどうかだけで“男性のいい・悪い”を決めつけてしまわないよう、気をつけてね!

(文:神崎桃子、イラスト:タテノカズヒロ)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年2月19日~2月20日
調査人数:177人(22~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]