お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

男性の「好意のサイン」12選。見逃すのはもったいない!

タイガモンスター

はいどうもこんにちは。現役慶應生ライターのタイガモンスターです。

突然ですが、みなさんは男性からの好意をどの程度感知できますか?

これを感知できるかできないかは「モテ度」に関わってくると思います。

僕はポジティブすぎてさまざまな女性の行動を自分への好意だと思うので、舌打ちをされても「好きです」って言おうとして噛んだのかなって思います。

今回は「男性が出す好意のサイン」について僕なりの考えを述べさせていただこうと思います。

男性が「好意のサイン」を出す理由

男性は女性よりも好意を持った女性に対してわかりやすいサインを出す傾向にあるように感じます。

もちろん個人差はあると思いますが、男性は生まれながらにして原始時代から続く狩猟本能を持っているといわれています。

その狩猟本能に加え、恋愛においては男性からアプローチをするほうが好ましいという社会的な共通認識があるというのもあり、気になる女性が出来た際に男性はアピールの第一段階として相手に気づいてもらえるようなわかりやすいサインを送ります。

ちなみに僕は小6のときに好きな子にウインクを送ろうとしたら、ウインクの才能がなさすぎて口角も一緒に上がってしまい、「タイガくんって笑い方気持ち悪いね」って言われました。

見逃すな! 男性が女性に出す「好意のサイン」12選

それでは具体的にはどういったものが、男性が気になる女性に出す好意のサインなのでしょうか?

シチュエーション別に計12個紹介していきます。

大勢で会っているときに出す「好意のサイン」

(1)隣に来たがる

飲み会などのワイワイした場において気になる子の隣は毎回狙いますね。

気になる子のいる飲み会は大人の椅子取りゲームなので、何がなんでも隣に座りたいです。

大勢で話しているときの2人だけのひそひそ話など、「秘密の会話」をすることで距離が縮まります。

もし最初に隣を取れなかったとしても、トイレから帰ってきたタイミングなどでできるだけ隣に座れるようにします。

(2)目を合わせる

大勢で話しているときにあえて相手と目を合わせに行くこともあります。

さすがにじっと真顔で見つめたら恐怖現象なので、さりげなく目を合わせます。

相手があえて合わせていることに気づいたらニコッと笑う、みたいな……。何言ってんだろ。キモいな俺。どうしてこんな子に育っちゃったのかしら。

(3)こっそり個人LINEする

みんなと会話をしながら気になる子にこっそり個人LINEをするのめちゃくちゃやります。

「このあと2人で抜け出して飲み行こうよ! 笑」みたいな。

なんか2人で悪いことを一緒にしているようでドキドキするんですよね。

(4)気を配る

飲み会であれば気になる子のグラスが空いてたら速攻次のドリンクを聞きまくりますし、自分に近いところにある料理はとり分けまくります。

かなりあからさまな好意のサインですが、この子にアタックすると決めてるときには割とやるんですよね。

2人きりで会っているときに出す「好意のサイン」

(1)2人の間での呼び方を決める

 

僕がよくやるものとして、気になる子と距離を縮めるために2人の間での呼び名を決めるというものがあります。

集団でいるときとはまた別の2人の関係性を構築できるので、擬似カップル感を演出できて仲よくなりやすいと思っています。

相手が「なんて呼んだらいい?」など聞いてきたら、好意はかなり強いと思っていいと思います。

(2)次のデートの日程を決めたがる

 

これも当たり前っちゃ当たり前なんですけど、僕は気になる子とデートして楽しかった場合その日のうちに次のデートの予定を立てます。

というのも、LINEで予定を合わせようとすると、数回お互いの予定が合わないやりとりをするだけで、デート自体流れてしまうことがあるからです。

「次いつごろにしよっか?」みたいなことをデート中に言われたら脈はありありです。

(3)好きなタイプを聞いてくる

どうでもいい女性の好きなタイプって死んでも聞きたくないです。下手に好意を持ってるとか思われたくないので。

僕が気になる子に好きなタイプを聞く理由って、単純に好きなタイプを知りたいわけではなく、「相手が自分にタイプを寄せてくれるか」を知るためなんですよね。

相手が少なからず自分に興味を持ってくれていたら、好きなタイプは自分に寄せてくれると思うんです。そこを確かめたくて聞くことが多いです。

(4)いいお店を予約してくれている

気になる子とデートをする上で絶対に欠かせないのが「お店の予約」。

相手の食の好みを聞いてベストなお店を探すべく、デートが決まったらこれでもかってくらいネットで調べまくります。検索履歴印刷したらA4用紙3枚くらいになります。

もちろんすべての男性がそれをやるとは限りませんが、結果としていいお店を予約してくれているのであれば少なからず相手はあなたのことを好意的に見ている証拠です。

LINEにおける「好意のサイン」

(1)聞いてないのに現状報告

これをやる男友だちは結構多いです。

僕はウザがられるだろうなと思ってしまってやらないのですが、気になる女性に「チャラくないアピール」や「会話のきっかけ」として聞いていないのに現状報告をするパターンですね。

「いや誰が知りたいねんww レシートに書いとけやww」みたいな現状報告をする場合はあなたにかまってほしい願望を強く持っていることの現れです。

(2)予定を聞いてくる

彼氏でもないのでうざいと思われることを避けて聞けないことも多いですが、気になる子が何をしているのかはやっぱり気になります。

特に用事もないのに予定を聞かれたら好意を持たれていると思っていいでしょう。

ただし付き合ったらめちゃくちゃ束縛するタイプのめんどくさい彼氏になります。絶対。

(3)質問して会話を終わらせないようにしてくる

LINEの会話を続けることで気になっている子との関係性も続くと思っちゃうパターンのメンズですね。

相手の返信に対してスタンプだけ送って一度会話を切ってもまだ返信がきたりする場合は、もうラブズッキュンです。

(4)行きたい場所等を言ってくる

「ここめちゃ行きたいんだよね!」と気になるお店の食べログリンクを貼りがち。僕です。

これは相手の「え、行きたい!」という返信待ちで、「雰囲気いいとこだね!」などとお店への評価のみの返信しかこなかったら脈がないと判断しています。

もし気になる男性から行きたいお店を伝えられたらもう教科書通り「連れってってほしい~!」って言ってください。

「こだまでしょうか?」「いいえ誰でも」くらいセットの受け答えなのでぜひ覚えておいてくださいね。

「好意のサイン」に気づいたら反応あるのみ

今回は男性が出す好意のサインをシチュエーション別に紹介しました。

男性のサインは女性が出すものよりも比較的わかりやすいものが多いと思いますので、この人いいかも! と思っている男性からサインが送られたらちゃんと反応してあげてください。

反応がなかったり薄かったりすると脈がないと判断されて諦められてしまうかもしれないので、ぜひともセンサーをビンビンに立たせて感知しまくってください!

(タイガモンスター)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]