お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

「デートに誘ってくれない」男性心理と脈ありサイン

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

脈ありor脈なし? 見極めるポイント

相手から誘ってくれない場合、することはひとつ。

こちらから誘い続けないといけません。

中には、今まで自分から男性を誘ったことがないという女性もいらっしゃるかもしれません。しかし、その背景にどんな理由があれど、自分から動かないことには何も変わらないと思っておいたほうがいいです。

こちらから誘って会えているのであれば、脈ありの可能性が高まります。

しかし、誘っているけど会えない場合。

この場合は、大体3回ぐらい誘ってみて「忙しい」「時間がない」といった理由で、代替案なく断られることが続いたら、さっさと次にいったほうがいいでしょう。

誘うペースとしては月1ぐらいでいいのではないでしょうか。

今も昔も、「忙しい」「時間がない」という断り文句が続いたら、それは「会う気がない」と言っているようなものです。

ほかにも、「時間ができたらこちらから連絡するね」と言われた場合、そのほとんどが、「もうお前から連絡してくんなよ」という意味。

こういう断り方は男性に限ったものではなく、女性でも興味がない男性から誘われたら同じような言い方で断ると思います。

もし、本当に忙しかったとしても、相手に会いたいなと思ったら、チャンスを逃さないために「じゃあ、この日はどう?」というように代替案を出そうとします。また、予定の確保が難しければ、現在の自分の状況を説明しようとしますからね。

しかし、「私の好きな人は、断るときに代替案を出す習慣がなかった人なのかもしれない!」なんて期待をしても、会ってくれない相手に執着するだけになると思うので、さっさと次にいきましょう。

彼から誘ってもらうためには?

結論から言いますと、相手から誘ってもらうことを目指さないほうがいいです。

なぜなら、習慣にないことをするのは多大なストレスがかかる上に、本人が「やらなきゃまずい」と思わない限り、新しい行動を習慣にしようと思わないからなんですよ。

なので、もし誘って会えているのであれば、「誘ってくれないから私に興味がない」なんて決めつけずに、自分に時間を使ってくれている相手のことを考えて、その場を楽しいものにすることが大切です。

だって、相手は「自分の時間=寿命」を使って会いにきてくれているわけですからね。

誘う・誘わないが問題じゃなくて、会えたときの時間を少しでもよりよいものにしていきましょう。

以上が、デートに誘ってくれない男性心理と脈ありサインになります。

中には「女性から誘ったらダメって聞いたことがあるし……」といったことを懸念している女性もいらっしゃるかもしれません。

情報源はどこだかわからないですが、たとえそれが恋愛指南書やコラムに書いてあることだとしても、そんなアホみたいなしょうもない情報を信じるなと言いたいです。

なぜなら、モテる女性は例外なく自分から誘ってきますし、相手が誘ってくれないから興味がないと決めつけることもなく、「誘って会ってくれるなら、脈なしじゃないんだろうな」ぐらいの感覚だからなんですよ。

そして、断言いたしますが、相手から誘われるのを待っている女性の恋愛ほどうまくいきません。

そこんとこ、お忘れなく。

(藤本シゲユキ)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]