お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

「バツイチ男性」と恋愛・結婚して幸せになれるのか?

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

気になる男性がいるけど、彼はバツイチ。

好意を伝えれば受け止めてもらえるのか。
「もう恋愛や結婚はこりごり」なんて考えていて、この恋はムダになってしまうのか。

バツイチの男性を好きになることに、不安を覚える女性もいるかもしれません。しかし、一度結婚に失敗しているということは、それだけ次の恋愛では慎重になる場合が多く、中途半端な関係にはしない男性が多いものです。

バツイチ男性は恋愛や結婚についてどう考えているのか、恋愛コラムライターのひろたかおりがお話しします。

バツイチ男性の恋愛心理って?

まず、最初の結婚につまずいたバツイチ男性の恋愛観についてです。

(1)女性を信じられない

たとえば、妻の浮気や不倫が原因で離婚した場合。

家族のために一生懸命尽くしてきた男性なら、その裏切りに深く傷つきますよね。「どんなにがんばっても、女性は浮気するもの」と頭にインプットされてしまうと、それ以降、積極的に女性を好きになろうとは思えなくなります。

たとえ独身の女性に優しくされて心が動いたとしても、「どうせこの人も裏切るんだろうな」と先を悲観して、素直に好意を受け止められない場合があるのです。

(2)恋愛してまた傷つくのが怖い

どちらかの浮気や不倫ではなく、性格の不一致で離婚した場合。

「結婚生活を続けられなかった」自分を男性は責めます。

結婚の失敗は、「好きな女性を幸せにできなかった」「家庭を維持できなかった」とネガティブな感情を呼び、それが自信を奪っていくのです。離婚から時間が経ち、傷が癒えてきても、女性を好きになるのは「またうまくいかなかったらどうしよう」という不安が先に立ち、なかなか次のステージに進むことができません。

(3)愛情を素直に信じられない

いいなと思う女性ができて、その人からも愛情を向けられるようになっても、気持ちを素直に受け止められないこともあります。

「本物の愛情なのだろうか」と疑ってしまうのは、結婚の失敗によって愛情のあたたかさを忘れてしまっているから。また、自分の気持ちについても「本当にこの人のことが好き?」と自分に問い直すことが多くなり、愛情そのものに疑問を持っていることも。

(4)40代になると「このまま独身で終わる」と覚悟する人も

30代でバツイチになったなら、まだ次の出会いを期待するかもしれませんが、40代以降になると、まわりがほとんど既婚者で出会いがなかったり、「この年で再婚はないな」とみずから諦めてしまったりと、このまま独身で終わる自分を覚悟する男性もいます。

離婚によって次の恋愛に向ける意欲が下がる上に、年齢のせいで新しい女性と一から関係を築くことを億劫に感じるのですね。

次ページ:バツイチ男性は結婚相手としてどうなのか?

お役立ち情報[PR]