お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 片思い

2代目バチェラーが選ぶのは? 「今何してる?」への返し方 #LINEバトル

マイナビウーマン編集部

どうも! マイナビウーマン編集部のオカンだよ。

みんなやってるかーい! 今日も男とLINEやってるかーい!?

最近、編集部のみんなが仕事に集中してない気がするオカン。

話を聞くと、やれ彼氏とのLINEやら、合コンで会った彼とのLINEやらで忙しいらしい。既読がついたのに返信がなくて落ち着かない、返信するタイミングを駆け引きしていて仕事どころじゃない。

というわけで、オカン思いついきました。最高峰スペックな男とのLINEで鍛えてこい! そんでLINEプロ集団になってこい! と。

オカンがそのお相手に選んだのは、なんと2代目バチェラー・小柳津林太郎さん!

さあ熾烈なこのLINEバトル、一輪のバラスタンプはいったい誰がもらう?

第2回のテーマ「『今何してる?』への返し方」

第2回のテーマは「小柳津さんから『今何してる?』ってLINEが来たら」。突然夜に届いた一通のLINE。ただ会話したいだけ? もしかしてお誘いのジャブ?

小柳津さんが選ぶ好印象な返信って?

マイナビウーマン編集部5人がLINEを送ってみた

1人目:真面目&やさしさであふれる、たかはし

「今何してるの?」に応じると都合のいい女ルートに突入するので、色気もへったくれもない雑学とおやすみなさいで阻止したよ!

2人目:腹黒&アッパーな、さちこ

本当に気になって「何してる?」なんて聞く人はいない。どうせ「これから会わない?」と聞かれるはずだから、さちこから誘導する。あと、自分が何しているかはあえて明かさないの。誘いやすいように。

3人目:未熟な若手新人、だぎり

「会おうと思えばいつでも行けます」アピールをしてみました。小柳津さんが外ならそのまま会う提案をし、家だったら「何をしているんですか?」と聞いて話を掘り下げます!

4人目:小手先テクが得意技、あーりん

さちこの「小柳津さんのこと考えてた」は直球すぎてキモいので、ここは「バチェラー見てた」でほんのりアタック。忙しい小柳津さんのことを配慮し、面倒なやりとりはすっ飛ばしてこちらからごはんに誘う戦法。場所は、阿佐ヶ谷という金のかからない女演出でもはやパーフェクト♡

5人目:編集部のドン、関西弁のオカン

テクニックも何も、おかんのくだらない日常をお伝えし、忙しい小柳津さんにクスッとひと笑いしていただけたらという捨て身の小話ですわ。

さて、気になる小柳津さんの反応は!?

今回もグッとこなかったのは「さちこ」

第1回に続き、グッとこなかったのは「腹黒&アッパーな、さちこ」でした。

「小柳津さんのこと考えてた」までは悪い気がしませんが、「もしやデートのお誘い?」が厚かましいかも。デートじゃなくて「飲みのお誘い?」だったらまだマシな気がします。その後のおならスタンプも食欲がなくなりました(笑)。

小柳津さんの心をつかんだメンバーは?

正直、オカンのご返答が一番おもしろかったのですが、グッときたのは「未熟な若手新人、だぎり」です。

「もしかしてどこかですれちがいました?」という天然感溢れるレスが、ある種爽やかで、好感を持てました。その後もLINEしたくなります。

メッセージの後のスタンプも、かわいらしくてGreat!

2代目バチェラーが教える「『何してる?』への好印象な返信」

気になる男性から、夜に「何してる?」と来たら、いくつか意図のパターンがあると思います。

1.あなたのことが気になっていて、純粋に会いたい
2.たまたま暇で、暇つぶしの相手になってほしい
3.飲み会要員として人員補充をしたい

などなど。いずれにせよ「何してる?」ということを聞いてくる時点で、興味がゼロなわけではなさそうです。

ただ、本命として検討しているかどうかは、その男性の人格、品格を踏まえて見定める必要があるかと。大本命の場合、デートに誘うなら前もってスケジュールを伺うはずなので、どうやら正式なデートというよりは別の目的があるかと思います。

こういう場合は、次の返信を試してみてください。

(1)手短に爽やかに返す

相手の文字量が5だとしたら、10で返さない。あくまでも対等かより短め、かつ爽やかに返しましょう。

(2)選択肢を狭める返答をしない

今から寝るという表現などは、今から会える選択肢を減らしてしまいます。興味がある場合は、仮に寝る前だったとしても「家でテレビ観てた」などのほうが無難かもしれません。

(3)スタンプは効果的に活用しましょう

LINEのスタンプは相手次第で使い分ける前提ですが、コニーよりもブラウンのほうが男ウケがいいかもしれません(笑)。

勝者と敗者とオカンインタビュー

許さないから。絶対に。小柳津さんも、だぎりも。
そういうとこやで。
……。さちこ先輩、す、すみません……。
なんで謝るの? 同情とかいらないから。よかったじゃん、おめでとう、だぎり。
世界で一番怖い祝福……。
ひとつ上の先輩出し抜いて、得意の天然ぶちかましたってわけね。策略と陰謀が得意技なさちこには到底できない芸当だわ。
緊迫感あふれるサスペンス映画みたいな得意技。
うるさい!!!!!!!!!
さちこ、ごめん。オカンが言いすぎた。何が悲しいってさ、けっこう本気でバラ狙いに行ってるじゃん、毎回。書いては消し、書いては消しを繰り返してさ。ネタとか笑いに走らずに。それで毎回最下位ってのがもう、最高におもしろいな。
小柳津さんだっていろんな女にバラ配りちらして、どうなの!? もうこっちから願い下げもんね!!!! さちこは小柳津さんの顔と年収で私だけにバラの花束くれる男をさがすもん。たった一輪のバラなんて貧乏くさいもんねーだ!
心の棘だけはバラ並みに持ってますね。
おい、表出ろやあああ!!!!
咲かないバラの棘はただの凶器。

第3回のお題は「小柳津さんを食事に誘え!」。乞うご期待!

「LINEバトル」バックナンバー

第1回「合コン後に送る一通目のLINEの正解は?」

(マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]