お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 結婚

私、ひとりで生きていきます。3LDKで暮らす20代女子の話

マイナビウーマン編集部

もうすぐ年末だ。お正月にまた実家に帰る。家族と会えるのはうれしいけれど、心と足は以前よりもなんとなく重い。

「いい人はできた?」

そう聞かれるたびに身をキュッと縮めてしまう。いっそのこと、誰とでもいいから結婚して、将来の安泰とやらを手に入れてしまいたくなる。

29歳って、まだ29歳だけど、もう29歳なんだ。

今決めたことが、この先の死ぬまでの人生に影響するかもしれない。「もしも今結婚しなければ、ひとりで死んでいくかもしれない」なんて馬鹿げた考えかもしれないけど、本当はそんなことが頭をよぎってしまう夜もある。

そんな中、「もしも」ではなく「多分このまま結婚しない気がする」と、自分がこの先ひとりで生きることを予感している女性がいた。都内在住、IT関連会社で働くさとみさん(仮名/29歳)。今月から埼玉にある3LDKの部屋にひとりで住みはじめるらしい。

彼女の決断に興味を持ったのは、終活カウンセラーの武藤頼胡さん。15年前、3人の子どもたち全員を故郷に残し着の身着のまま東京に出てきたという過去を持つ。終活とは「最後まで自分らしく生きるための準備をする活動」だと、彼女は力強く語る。

どう最後まで自分らしく生きるか。これは、“結婚適齢期”に戸惑うすべての女性、そして今この記事を読んでいるあなたにもかかわる話だ。

「両想いは都市伝説」。ひとりで生きていく20代女子の恋愛観

――さとみさんが「このまま結婚しない気がする」と思ったきっかけを教えてください。

さとみ:一番は、学生のころから恋愛に興味が持てなかったことが大きいです。同世代の女の子たちみたいに、合コンとか出会いの場に行こうとも思えない。まわりに「もうちょっとがんばりなよ!」と言われるんですけど、がんばれないんですよね。

武藤:さとみさんは、今まで彼氏はいたの?

さとみ:中学・高校のときにちょっと付き合ったくらいです。大学時代は特に何もなく、社会人になって気になる男性ができても、アプローチせずに「いい人だなぁ」と遠くから見ているくらい。両想いって都市伝説なんじゃないかと思っています(笑)。

武藤:でもさ、友だちの結婚式に呼ばれたときに「結婚したいな」と思ったりしないの?

さとみ:「ウェディングドレス綺麗だな、着てみたいな」と思うことはあるんですけど、じゃあそのために婚活をがんばろうという気持ちにはならないですね。ドレスのためにがんばるのもちがうな、って。親にはちょっと申し訳ないなと思うくらいです。

武藤:なるほどね。

さとみ:私は、まわりの女の子たちみたいに「○歳までに結婚する」とか明確なビジョンを描けないし、リアルに想像もできない。これまでの10年起きなかったことが、このあとの10年に起きる気もしないんです(笑)。だから、やっぱり私はひとりで生きていくのかなって。

武藤:じゃあ決意したというより、漠然と「ひとりで生きていくかも」と思っているということね。

さとみ:そうですね。悲観的にひとりというより、現実的にひとりかもしれないから。

20代女子が「3LDKでひとり暮らしをはじめる理由」

――さとみさんは今月から、埼玉にある3LDKのマンションに引っ越すんですよね。

武藤:えー! 3LDKだったら60平米とかでしょ。すごいね。どうして3LDKに住むことになったの?

さとみ:親戚が持っているマンションで、部屋が空くから住まないかと声をかけてもらったんです。都心にある職場から遠くなるのは少しネックだけど、家賃は親戚価格で安いし、貯金もできそうだから、住まない手はないなと。

武藤:今はどれくらいの広さの部屋に住んでいるの?

さとみ:1Kで25平米の部屋に住んでいるので、一気に広くなりますね。いろんな人に「部屋余るじゃん!」とか「広い部屋にひとりで寂しくないの?」とか言われるんですけど、余っていることは悪いことじゃないくらいの気持ちでいます(笑)。リビング以外の部屋は、寝室と、趣味の楽器を置く部屋と、あともうひとつは物置かシアタールームにしようかなと考えています。

武藤:3LDKに住むって聞いた瞬間に、「結婚を意識して、誰が来てもいいようにするのかな?」と思ったんだけど、そういうわけじゃないのね。

さとみ:結婚はまったく意識していないですね。

武藤:もしもこの先いい人に出会ったら、結婚する可能性はあるの?

さとみ:それは……、結婚するかもしれないです(笑)。

武藤:よかった、かたくなにひとりと決めているわけではないのね(笑)。でも、そこに住んでお金を貯めるってことは、将来に備えて?

さとみ:はい。貯金が苦手なので、安い家賃で貯金しながら資産運用をしようかなとか、オリンピックが終わってマンションが安くなっていれば都内で30平米くらいの部屋を買おうかなとか、漠然といろいろ考えています。

武藤:なるほどね。私くらいの年齢だと「もうこの先ひとりでいいや」って人はたくさんいるのよ。でも、20代のうちからひとりの生き方を考える女性は、これから増えていくと思う。昔は「結婚して、子どもを産んで、仕事をやめて、子育てをして……」というのが当たり前の風潮だったけど、最近は働きながら子育てもできるし、結婚しない女性も多いよね。だから、若い人がそういう考えに及ぶのはわかる気がする。自分の意思が通しやすい世の中になっているから。

さとみ:たしかに、普段テレビを観ていても、結婚していない女優さんやタレントさんはたくさんいますね。

武藤:そう。でもね、忘れないでほしいのは、人はひとりで住むことはできても「ひとりで“生きる”ことはできない」ということ。ひとりで暮らしていたとしても、ごはんが食べたかったらお米を作る人が必要だよね。私だって今は離婚して独身だけど、もしここで倒れたらひとりで病院に行けないし、死んだらひとりで火葬場には行けない。必ず誰かのお世話にならなきゃいけない。それを踏まえたうえで「今から何をするべきなのか」を知る必要があるの。

さとみ:今から何をするべきなのか……?

???????

結婚しても、しなくても、人はひとりでは生きていけない。自分らしい人生を送るために「今からするべきこと」とは? 続きは明日11月14日(水)更新予定!

(取材・文:マイナビウーマン編集部、イラスト:いとうひでみ)

2人の対談動画は、NHK『クローズアップ現代+』公式Twitterでも公開予定。また『クローズアップ現代+』孤独死しないサバイバル術、明日11月14日(水)22時~放送!

お役立ち情報[PR]