お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 結婚

私は『あなそれ』の主人公を笑えるのか?

あたそ

「不倫をしてはいけない」「不倫をしている奴は最低だ」という考えは、とても正しくて、当たり前のことだ。これ以上議論のしようがないし、どんな人に意見を聞こうが、同意以外の言葉は受けたりしないだろう。

私だって、同じだ。人を好きになる気持ちを否定したりしない。将来的に後悔するし、高確率で幸せになれないことを承知しているのであれば、勝手にすればいいと思う。だけど、心のどこかが受けつけない。何か汚いものを見せられているような不快感を、心の中からすべて払拭することが、私にはどうしてもできないのだ。

(c)いくえみ綾/祥伝社フィールコミックス

『あなたのことはそれほど』は、発売と同時に買い集めていた漫画のひとつだった。私はもともと、作者であるいくえみ綾の漫画が大好きで、ほとんど所有している。この作品が店頭に並んだときも、いつものように購入したはいいものの、「いくえみ綾が不倫モノを……!?」と衝撃を受けたのをよく覚えている。

だって、W不倫だよ? 誰も幸せになれないに決まっている! ストーリーが進んでいくごとに、どんなふうに登場人物の気持ちが動いていくのか、そしてどのように終焉に向かっていくのかを、ハラハラドキドキしながら読んでいた。

この作品を通じて、今さらながら気づいたことがある。不倫には「やらない」以外の解決策が徹底的に存在しないということだ。大抵の物事には解決策が存在していて、行動を起こしてから何か失敗することがあっても、どうにかなるように世の中の仕組みはできている。

だけど、不倫にはない。「失敗してしまったから、次に活かしていこうね」ということには絶対にならない。不倫の事実を少しでも改善する方法も、不倫で壊れてしまった人間関係を修復する方法も一切ない。不倫や浮気という事実を作ってしまったら、もうそれで終わり。どこまでも自己中心的な自分(と相手)がどこまでも残酷に裏切り、そして周囲の人間を傷つける。

きっと不倫をしている当人たちだって、そんなことわかっているのだろう。『あなたのことはそれほど』の主人公・美都(みつ)だってそうだ。一番に好きだった光軌(こうき)と偶然再会し、バレなければどこまでもこの関係が続くと思っていた。

本当は、バレるとかバレないとか、関係ないのにね。少しでも不倫にあたる行為(の定義が人によって異なるので、またややこしいんだけど……)をしてしまったら、自分の知らないところで足元がぐらついてくる。

いや、そうじゃないのかもしれない。ずっと好きだった人が自分に興味を持ち続けてくれるのであれば、たとえ自分の人生をぶち壊すことになったとしてもよかったのかもしれない。あのころ手に入らなかった光軌の気持ちが、今なら手に入る。そのためだったら、なんだってできる。一番好きな人が目の前にいて、自分のことを抱きしめてくれる。美都にとってそれ以上の幸福なんて存在しない。

「バッカだね~」なんて、現在外野にいる私は言うことができる。不倫をする人なんて愚かだ。そう、きっぱりと断言できる。だけど、自分が美都の立場に陥ったとき、どうなんだろう。ふと考えると、どうしても同じ道を歩んでしまうような気がしている。

もしも、自分が二番目に好きな人と結婚したあとに、一番好きだった人が目の前に現れたら。
もしも、一番好きな人が、自分に興味を持ってくれて、手を伸ばせば届きそうな距離にいたとしたら。
もしも、二番目に好きな人が、私のことを絶対に裏切らない人だとしたら。
もしも、絶対に誰にもバレない嘘のつき方を知っているとしたら。

イラスト:つぼゆり

いろいろな「もしも」が重なったとき、私は美都と同じ選択をするかもしれない。条件やタイミング、さまざまな要素が重なり合って、きっと気がついたら「きちんとした結婚」から足を踏み外しているのだろう。

本来は、人を好きになることが素晴らしいことで、言動にするのは悪くないはずだ。でも、「自分または相手が既婚者」という条件が追加されるだけで、途端に悪いものになっていく。

だから、私は美都をバカにしたりできない。

はじめから、世間一般で「悪い」とされることに手を出したい人も、不幸になりたい人も、本来ならばいない。だけど、何かの条件やタイミングが重なり合って、道徳や理性ですら飛び越えてしまうことだって人生には起こりえるだろう。

結婚生活を含めた幸せはいきなり崩れない。こんなふうに少しずつ足元が不安定になり、気づかないうちに崖っぷちに立たされ、ある日突然不幸のどん底に突き落とされる。この漫画を読んで、だんだんと追い詰められていく登場人物たちと「自分だったらどうするのか?」を重ねて、恐ろしくなったりもした。

不倫は悪いことで、私には無関係だ。今のところ。これからもないと信じたい。自分だったら、どうするんだろう。はっきりとした正しさはわからない。漫画を何度読んでも、答えを出すことが私にはできない。

でも、美都をはじめとするそれぞれの登場人物に少しずつ感情移入してしまった私には、案外身近なことで、絶対に起こりえない話ではないのかもしれない。

(文:あたそ、イラスト:つぼゆり)

お役立ち情報[PR]