お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

アラフォー独身女性の特徴は? 市場価値と結婚するためのカギ

こんにちは、ライターの仁科友里と申します。『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性から相談を受けることがあります。その経験から、今回はアラフォー独身女性の生活や結婚観について書いてみたいと思います。

■痛い? みじめ? 独身女性の「被害妄想スパイラル」

婚活が停滞すると「私なんてもうダメだ」という自己否定の気持ちが浮かんでくるのは、どの年齢の女性も一緒です。そこから「世間が笑っている」「結婚していないことでバカにされている」という被害妄想スパイラルにはまってしまうアラフォー独身女性がいます。

それでは、どうして世間を気にしてしまうのか考えてみましょう。

まず、最大の原因は、日本における独身女性の扱われ方が関係しています。お笑い番組で、オンナ芸人が「ブス」「結婚できない」と言われるのは日常茶飯ですが、オトコ芸人がオンナ芸人に「ブサイク」「独身のくせに」と言われることは、滅多にありません。

つまり、「結婚できないから、笑われる」のではなく、「女性だから」笑われているのです。余談ですが、国勢調査によると、35歳の女性が40歳までに結婚できる確率は2%だそうですが、実は35歳以上の男性が結婚できる確率も3%前後でだいたい同じくらいといわれています。「男性はいくつになっても結婚できるけど、女性はちがう」は幻想なのです。それなのに、テレビは女性に対するディスりをBGMのように流し続けています。

BGMといえば、スーパーマーケットで流れていることがありますが、音楽が流れていることを認識しても、何の曲かまではっきり記憶していることは稀ではないでしょうか。自分が好きな曲、もしくは思い出をともなうような曲は記憶に残りやすく、それ以外の曲は忘れてしまうことが多いでしょう。

この原理は、「世間が私を笑っている」にも適用されると思うのです。女性の外見や年齢をバカにすることが好きな女性、もしくは自分が実際に笑われる経験をした女性がナーバスになってしまうのだと思うのです。したがって、「世間がこう思っている」のではなく、「自分がそう思っている」のです。

次ページ:アラフォー独身女性に共通する特徴とは?

お役立ち情報[PR]