お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

「結婚をやめたい」と思ったら。マリッジブルーを乗り越える方法

Hatsumi

結婚を前にして「やっぱり結婚するのをやめたい……」と憂鬱になってしまうマリッジブルー。マリッジブルーに陥ると、「もしかして自分だけ?」と不安に感じてしまう女性もいるでしょう。マリッジブルーを経験した女性はどのくらいいて、それをどのようにして乗り越えたのでしょうか? 今回は、既婚女性のみなさんへのアンケートをもとに、マリッジブルーに悩む女性の割合や、マリッジブルーに陥ったときの対処法についてご紹介します。

■みんなはある? マリッジブルーの経験

マリッジブルー経験者の女性は、どのくらいいるのでしょうか? また、女性が結婚をやめたいと感じるのは、どんなときなのでしょうか?

◇結婚をやめたいと考えたことのある女性は多い?

Q.結婚前に「やっぱり結婚をやめたい」と思ったことはありますか?

ある(30.0%)
ない(70.0%)
※有効回答数397件

マリッジブルーを経験した女性は3割。結婚を前にすると、キャリアパスや家族計画など、人生について深く考えてしまい、憂鬱な気分になってしまうのかもしれません。マリッジブルー経験者のみなさんは、実際、どんなときに結婚をやめたいと思ったのでしょうか?

◇どんなときに結婚をやめたいと思った?

☆相手の嫌なところが目についたとき

・「相手の嫌なところばかり見えてきたから」(33歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「思いもしなかった相手の嫌なところが見えたとき」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

☆相手と金銭感覚が合わないと感じたとき

・「結婚前、お金の管理の仕方や使い方を考えたときに、この人と一緒に生活していけるのか、頼られてばかりで嫌になってしまうのではないかと感じたことがあった」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「お金の管理に関して、たまに不安になることがあった」(31歳/医療・福祉/専門職)

☆結婚式の準備をしていて

・「結婚式の準備を手伝ってくれず、将来に不安を感じたから」(29歳/情報・IT/技術職)

・「結婚式の準備で揉めたとき。喧嘩したとき」(32歳/金融・証券/営業職)

☆相手の親と接したとき

・「義理の親と結婚のことで揉めたとき」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「相手の両親が嫌だったから。相手の両親と家族になりたくないと思った」(32歳/金属・鋼鉄・化学/秘書・アシスタント職)

☆ケンカが多くなったとき

・「お互いに余裕がなくなり、ケンカが絶えなくなったとき」(30歳/医薬品・化粧品/その他)

・「式の打ち合わせで揉めたときや、車で移動中にケンカして、家以外の場所に置いてきぼりにされたとき」(30歳/その他/その他)

結婚が決まると、日々の仕事や家事に加え、相手の両親への挨拶や結婚式の準備などやることが増えて、身も心も休まらなくなってしまいがち。心の余裕がなくなってくると、つい相手の欠点や自分と合わない部分が目についてしまい、ときにはケンカに発展してしまうこともあるでしょう。既婚女性のみなさんは、「結婚なんてもうやめたい!」という思いをどのように乗り越えてきたのでしょうか?

次ページ:結婚をやめたい……そんなときの対処法は?

お役立ち情報[PR]