お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

恋愛の泣ける話4選~片思い、遠距離、別れ~

大庭スミ(メンタル恋愛カウンセラー)

いつの時代も女性は恋愛に関する話が大好き。感動的な話もある一方でつらくかなしい恋の話もありますよね。今回は恋愛に関する「泣ける話」を実際のエピソードをもとにご紹介します。

エピソード1:同級生への片思い、三角関係の思わぬ終わり

雪絵さん(27歳・仮名)が高校時代に経験した片思いの恋についての話です。

「当時同じクラスの異性の同級生A君と同性の友人B子、私の3人でよくつるんでいました。講義も同じものを受けていたので3人で勉強会をしたり、ご飯を食べにいったりまわりからも仲よし3人組のように思われていました」

同じクラスで出会った3人は何かと一緒にいる機会も多かったそうです。次第に雪絵さんはA君に対して恋愛感情を持つようになったと話します。 雪絵さんは当時彼への気持ちをB子にも相談していたそうで、彼女もよく話を聞いてくれていたことから「もしかしたら彼も私を好いてくれているのかも?」と感じていたとのこと。バレンタインに勇気を出して彼に本命チョコレートを渡した雪絵さんは、彼から予想外の言葉を聞くことになりました。

「実はB子と付き合っているんだ。だから気持ちは受け取れない」

そう聞いた雪絵さんはショックな反面、B子に対する怒りも湧いたそうです。彼女が雪絵さんの話を丁寧に聞いていたのは、同性の友だちを減らしたくない…という思いがあったからだったそうです。仲よくしていた3人だからこそ、秘密にせずに打ち明けてほしかった。たとえそれが気まずい結果になっても隠れてコソコソされるのがとてもつらかったそうです。それ以降2人とは疎遠になってしまったそうです。

次ページ:エピソード2:愛し方を学んだ大学時代の切ない恋

お役立ち情報[PR]