お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

旦那と別れたいけど……。妻が離婚を踏みとどまる決め手

既婚女性の多くは、一度はご主人と「別れたい」と考えたことがあるのではないでしょうか。しかし、そういう考えが頭をよぎっても、踏みとどまり夫婦生活を続けている人も多くいることでしょう。そこで、既婚女性へのアンケートから、どうやって離婚を踏みとどまっているかを考察します。

■旦那と別れたいと思ったことある?

まずは既婚女性へ、「別れたい」と思う瞬間について聞いてみました。

◇離婚したいと思ったことのある既婚女性の割合

そもそも離婚したいと思ったことがある人は、どれくらいいるのでしょうか。

Q.今のご主人と離婚したいと思ったことはありますか?

ある (33.7%)
ない (66.3%)
※有効回答件数398件

3割強の方が、離婚を考えたことがあるようです。思ったより少ないかもしれません。

◇旦那と別れたいと思った理由は?

離婚を考えた理由とは、どんなものなのでしょうか。代表的な答えをピックアップしてみました。

☆家事・育児に非協力的

・「子育てや家事に協力せずに自分のことばかりを優先するので」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「共働きなんですが、家事も育児も私任せなのにイライラくる」(30歳/商社・卸/販売職・サービス系)

☆金銭問題

・「借金があったのに言わなかったときには、別れたいなと思いました」(29歳/その他/事務系専門職)

・「結婚してからすぐに借金をしていたらしく、6年も隠され続けていたことが発覚した」(30歳/運輸・倉庫/その他)

☆浮気問題

・「同じ職場だった友人を経由して、浮気をしていたことを知らされた」(34歳/生保・損保/営業職)

・「女の子と遊びにいっており、それに対して嘘をついたとき」(32歳/医療・福祉/専門職)

☆性格の不一致

・「性格が合わないと思った。たいして好きではないと思った」(24歳/学校・教育関連/専門職)

・「性格の不一致、生活感のちがい、会話が成り立たない」(33歳/金融・証券/営業職)

やはり、旦那への不満が募って離婚を考えるケースがほとんどのようです。元々他人だった2人がひとつ屋根の下で生活を始めると、いろいろと問題が起きるのは仕方がないことかもしれませんが、離婚まで考えるとなると深刻なレベルかもしれません。

次ページ:別れたいと思ったときにすべきこと

お役立ち情報[PR]