お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

都合のいい女をやめたい! 都合のいい女の特徴と脱却法

神崎桃子(体験型恋愛コラムニスト)

「都合のいい女になんて絶対ならない!」と自分では思っていても、男性からしたら「都合のいい女」として狙われている可能性はあります。「私はそんな安易な女じゃないもの」と断言していた女性が、いつのまにか都合のいい女になってしまうこともありうるのです。

今回はあなたが男性の餌食にならないよう、恋愛コラムニスト・神崎桃子がレクチャーしましょう。

■都合のいい女の特徴とは?

都合のいい女に共通する特徴とは? あなたは当てはまっていないか、言動をチェックしてみてください。

◇都合のいい女性に共通する特徴とは?

☆(1)返信が早い女性

女性はメールやLINEの返信に対して律儀なもの。友だちの愚痴やくだらない世間話でもきちんと返していることが多いでしょう。

しかし、それは恋愛においても正解とは限りません。

男性からのメールへ「待ってました!」とばかりに飛びつくのは危険です。ソッコーで応じるのは「私はいつでも暇です」「私いつでも待ってます」と言っているようなものだからです。

男性からすると、深夜だろうが、仕事中だろうが、間髪を容れずとも女性が応じてくれるとなれば、それは「楽勝女」です。彼らは「自分に合わせてくれる女性」を大切にするどころか、軽く見る傾向があります。「俺に惚れている女」なら自分から離れないと思っているからです。身勝手なことをしても許してくれると踏んでいるのです。

「彼に早く返信しなきゃ」と仕事の手を止めて即レスすることや、夜中に起こされてLINEでやり取りすることが功を奏するわけではありません。女性の仕事の状況や効率を考えず、また睡眠時間を奪うような男性を相手にしていたらそのうち悲劇が訪れるでしょう。

男性は「いつでも俺をかまってくれる女」を「いつでもさせてくれる女」として扱うようになります。夜遅かろうが、女性の体調が悪かろうがなんだろうが男性は自分の欲求をぶつけてくることでしょう。

☆(2)恋愛経験が少ない女性、結婚願望の強い女性

交際経験が少なく、男性に対しての免疫がない女性は、相手の行動を疑わずに話をすぐに信用してしまう傾向があります。

「かわいいね」「キレイだね」「君のこともっと知りたい」などのセリフに素直に反応してくれる女性を見て、男性は「チョロいもんだぜ~」と心の中で舌を出しているのです。「妻とはうまくいっていない」「そのうち別れるつもりだから」「もう少し待ってほしい」なんていう既婚者の常套句を鵜呑みにしてしまう女性も少なくありません。

恋愛経験の乏しい女性は“一途な女”に豹変してしまうことがあります。女性は一旦惚れ込んでしまうと「この人なら大丈夫」「この人に限っては」と、そこらへんにいる男性となんら変わらないのに“特別扱い”してしまうのです。

ベッドの上の戯言や口約束ほどあてにならないものはありません。たとえ「愛してる」と言われてひと晩を共にしたって、その後の保証なんてないのです。

男性に「だって、あのとき、好きだって言ったよね」といくら泣きじゃくったところで「あぁ、あのときはたしかに、本気だった、かもしれない……」となるのです。男性にとって昨夜のことは、すでに過去のことなのです。

☆(3)自分の意見を言わない女、逆らわない女

あなたは男性に対して自分の意見を言えていますか? 「嫌なことはイヤ」とハッキリ伝えているでしょうか。

男性にとって“逆らわない女性”は都合のいい女にうってつけです。

物事を決めるときに「なんでもいいよ」「あなたがいいならそれでいいよ」と言われるがまま、彼の行動に従っているなら要注意です。

女性は「彼に嫌われたくないから」といい子になってしまうことが多々あります。自分の意見をグッと飲み込んで我慢してしまうこともあるでしょう。しかしそれは仇となります。

自己主張せずに相手との摩擦を避けることこそ、男性から都合のいい女として扱われるようになるからです。男性は自分の意見やNOと言えない女性を、本能的に「俺の言いなりになる女」と見抜きます。自分が悪くなくともすぐに謝り、男性の顔色ばかり伺う女性は彼をどんどん俺様にしてしまいます。

「この子は自分がイヤでも俺の言うことを聞いてくれるんだ」と思わせてはなりません。「言いなりになる」ことは男性をつけあがらせるだけなのです。

◇男性が都合のいい女に見せる4つの態度

本命にしかしない男性の言動はいくつかありますが、逆に“都合のいい女にしかしない言動”もあるのです。もしあなたがこんなことをされていたら要注意ですよ。

☆(1)アポなし! 突然呼び出しする!

男性が女性と会うときは、段取りや約束を取りつけるのが常識です。しかし、恋に悩める女性がよくこぼすのが男性からの“突然の誘い”に関してなのです。

・「会いたい連絡が直前や当日」
・「彼が会おうとするのは夜だけ」
・「日中のデートをしてくれない」
・「終電間際に『来てくれる?』と呼び出される」
・「誘われるのは飲みの場ばかり」
・「酔ったときだけ電話してくる」
……などという愚痴です。

その女性にどうしても会いたければ、男性は前もってキープしておきます。女性の予定を聞いてスケジュールを合わせてくれるでしょう。しかし、前もって会う約束をしない男性は、その女性を「そのときだけの呼び出し要員」として使っているといえます。

突然誘ってくるということは女性の都合はおかまいなし、俺の都合で誘ってきているだけなのです。ほかの女性にドタキャンされて急に予定が変わり「めちゃ会いたいんだけど……」「今から出てこれない?」とLINEしてきている可能性もあります。

都合のいい女は男性の“暇つぶし”としてストックされているともいえるでしょう。

☆(2)自分の行きたいところばかりに行く!

男性は都合のいい女に対して、自分の行きたい場所には何がなんでも連れていこうとします。一方で、女性の行きたい場所には付き合いません。

行列のできる流行りのスイーツやカフェはもちろんのこと、四季を感じるイベントスポットもそうでしょう。お花見や花火大会、紅葉刈りやイルミネーション……女性にとって魅力的なデートスポットに「行きたい」とお願いしても、「俺、混んでるとこ苦手」「遠すぎる」などと言い訳して一緒に行くことを拒むでしょう。

本命の女性が「ココ、行きたいな~」といえば、男性はたとえ自分に関心や興味がない場所だとしても連れていってくれます。ほかの男と行かれてしまっては困るし、点数を稼ぎたいからです。そして何より好きな彼女の喜ぶ顔がみたいからです。

「彼の趣味や、彼が行きたい場所にばかり付き合わされる」のではなく、あなたが好きそうなところへちゃんと連れていってくれる相手ならば大丈夫でしょう。「女性が行きたいと提案した場所を断る」「連れていってくれない」男性には要注意! ですよ。

☆(3)金を出そうとしない、デート代をケチる!

男性は“欲しいもの”のためにはお金をかけます。相手の女性を本気で釣りたいと考えている男性は、多少の投資をするものです。それは高額なものでなくとも、何かちょっとした贈り物をしてくれるだとか、美味しいものをご馳走してくれるだとかの類です。

相手の男性が社会人でなく学生さんなら仕方のないことですが、男性は好きな女性にはいいところを見せようと頑張るものです。毎回飲食代やデート代をケチっているのであれば、ほかに女がいるのか、ズバリ、あなたにはお金を出したくないというのが本心なのです。

なかには「ごめん、いま、金ないわ」「ちょっと貸しといて」「ここ出しといて」という最低男も少なくありません。デートは常にお金のかからない場所、つまりあなたのお部屋に行きたがったり、食事もせずにホテルへ直行したりするのは、まさに「コストをかけずに自分の欲望を満たしたいだけ」の“しょーもない男”なのです。

デート代というのは男女の仲を深めたり、楽しい時間をシェアしたりするための必要経費です。男性からしたら、女性の愛を獲得するための必要な経費であるともいえます。その経費を削るということは、お金を出さずにタダで女性と遊びたいだけなのです。

☆(4)断るとすぐに機嫌が悪くなる!

男性は好きな女性には強引な態度を見せません。

大切な女性の前では、逆に臆病になるのが男というもの。ですから、女性が拒んだら「わかった。ごめんね」と素直に我慢してくれるでしょう。自分の欲求を満たすことより、相手に嫌われたくない気持ちが優先するからです。

ですが、本気じゃない場合なら女性が嫌がったとしても怯みません。「こんなに好きなのに」だの「もう少しだけ一緒にいようよ」だの、なんとでも言って強引に押してくるでしょう。そして、女性が「今日は無理」と断ると途端に機嫌を損ねるのが特徴です。

また都合のいい女だと、男性の態度はコトの前と後では極端に変わることがあります。そうなる前はあんなに熱心だったのに、そうなったあとは冷たくなる……というような経験はありませんか? 好きな彼女でなければ、コトを終えたらもうバイバイしたいのです。用が済んだあと女性をひとりで帰すような輩も存在します。

逆に、男性が事後でも相手の女性と一緒にいたがるようなら大丈夫でしょう。ベッドで愛し合ったあとに外へ食事に行ったり、映画やショッピングに付き合ってくれたりするのであれば、正真正銘の彼氏といえるでしょう。

次ページ:都合のいい女をやめたい! 脱却法とは

お役立ち情報[PR]