お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

いくらが理想? 旦那に渡すお小遣いの相場

三浦一紀

毎月の家計のやりくりに頭を痛めている主婦の方も多いことでしょう。そのような状況では、余計な出費は1円でも抑えたいもの。そこでついつい候補に上がってしまうのが、旦那のお小遣いではないでしょうか。しかし、旦那はいつもお小遣いが少ないと嘆いています。そこで、既婚女性と既婚男性にお小遣いについてアンケート調査を実施。あなたの家庭のお小遣いは多い? 少ない?

■旦那の小遣い、いくらにしてる?

まずは既婚女性の方に、お小遣いに関するアンケートを行いました。

◇お小遣い制、導入してる?

お小遣い制を導入している家庭はどれくらいあるのでしょうか?

Q.あなたの家庭では、旦那さんに毎月のお小遣いを渡していますか?

はい(51.8%)
いいえ(48.2%)
(※1)有効回答数398件

お小遣い制を導入しているかどうかは、半々のようです。やや導入している家庭の方が多いですね。

◇お小遣いの金額はいくら?

お小遣い制の家庭では、どれくらいの金額を渡しているのでしょうか?

Q.旦那さんのお小遣いは月いくらですか?

1万円未満 (1.0%)
1万円以上〜2万円未満 (16.5%)
2万円以上〜3万円未満 (35.4%)
3万円以上〜4万円未満 (26.2%)
4万円以上〜5万円未満 (9.2%)
5万円以上〜6万円未満 (7.8%)
6万円以上〜7万円未満 (1.5%)
7万円以上〜8万円未満 (1.0%)
8万円以上〜9万円未満 (0%)
9万円以上〜10万円未満 (0.5%)
10万円以上 (1.0%)

(※1)有効回答数206件(「小遣い制である」と回答した人)

一番多かったのが2万円以上3万円未満、その次が3万円以上4万円未満。ほとんどが、1万円以上4万円未満という感じです。それ以上の金額の家庭もあるようですが、金額が上がるに連れて数は少なくなっています。しかし、10万円以上の家庭もあります。旦那さんの稼ぎがすごいのか、奥さんがやりくり上手なのか……。

◇お小遣い制のメリットって?

奥さんから見た、お小遣い制のメリットとはどんなところでしょうか。(※1)

☆無駄遣い防止

・「制限をかけて、それ以上のお金を使わせないようにできるから」(24歳/岐阜県/その他/その他)

・「旦那が浪費家のためお小遣い制にすることでセーブできるから」(27歳/医療・福祉/専門職)

☆家計の管理がしやすい

・「日毎で渡しているといくら渡したのかなど、家計の管理もやりづらいので、お小遣い制にすることによってわかりやすい」(34歳/建設・土木/事務系専門職)

・「毎月の生活費が確定するため家計の管理がしやすい」(27歳/その他/その他)

☆貯金するため

・「毎月使える金額を決めることで貯金の計画が立てやすい」(26歳/その他/営業職)

・「無駄遣いを減らし、貯金するため」(29歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

毎月決まった額を渡すことで、家計の管理、貯金がしやすくなるという面と、旦那さんの無駄遣いを防止するという効果があるようです。家計を預かる主婦の立場からすれば、毎月決まった額というのはわかりやすくていいですね。

次ページ:自分のお小遣い、旦那はどう思ってる?

お役立ち情報[PR]