お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

今からでも遅くない! 40代からの婚活テクニック

三浦一紀

結婚をするための出会いの活動は「婚活」と呼ばれています。婚活は男性だけではなく、女性にとっても重要なもの。しかし40代になると多少焦りのようなものも出てきます。20代や30代の女性に比べれば、条件的に不利な面もあると思われますが、まだまだ諦めてはいけません。そこで、40代の婚活について、婚活・女子力アップコンサルタントの澤口珠子さんに、40代で成功する婚活テクニックについてお聞きしました。

40代婚活女性のメリット・デメリット

40代女性の婚活は、不利な条件ばかりと思いがち。しかし、40代だからこそのメリットもあります。まずは40代女性の婚活のメリットとデメリットについて確認しましょう。

40代婚活女性のメリットとは

まずは、なんといって内面の豊かさです。男性は一時で終わる恋愛の場合、女性に内面の豊かさを求めません。しかし、結婚を考えたときに男性が必ず女性に求めるものが内面の豊かさなのです。男性が求める内面の豊かさや包容力は、女性の人生経験から培われるもの。必然的に20代の女性よりも内面が豊かな女性は多いでしょう。

結婚はずっと続く毎日の生活です。恋愛は女性として魅力的であるだけでいいのですが、結婚生活はそれにプラスして、内面の豊かさがあり人として尊敬できる女性でなければ続けることはたいへん難しいでしょう。なので、人として尊敬できない女性は、残念ながら結婚相手に選ばれることはありません。

さらに40代婚活女性は精神的、経済的に自立している女性が多いので、若い女性にはない包容力があるのもメリット(強み)です。男性も恋愛だけなら小悪魔的な女性に振り回されるのを好みますが、結婚を考えたときに女性と家庭に求めるものは「癒やし」です。この男性が求める「癒やし」こそ、40代婚活女性の包容力なのです。一度40代の女性と交際したら、居心地がよすぎて年上女性以外は考えられなくなったという20代・30代の男性を何人も知っていますよ。

40代婚活女性のデメリットは?

40代婚活女性のデメリット(ネガティブポイント)も残念ながら存在します。デメリットは2つ。1つ目は妊娠・出産が難しい可能性があること。男性が結婚を考える理由の多くに「子どもがほしい」というものがあります。そうすると、40代女性は年齢的に妊娠・出産のタイムリミットがありますので、どうしても20代・30代の女性に比べると選ばれにくくなります。もちろん、20代の若い女性でも妊娠・出産が難しいケースもたくさんありますし、男性側に不妊の理由があるケースもたくさんあります。しかし、男性は自分自身に不妊の可能性があるとは夢にも思わない人も多いです。婚活シーンで若い女性が男性に人気な傾向があるのも、子どもをもてる可能性が比較的高いからです。

2つ目は親の介護の可能性です。ご自分の仕事に婚活、さらに親の介護と同時進行させなければいけない場合も。こうなると、どうしても婚活の優先順位を下げざるを得ず、なかなか婚活がうまくいかなくなってしまいます。そして結婚をすれば自分の両親だけでなく、相手の親の介護問題もありますし、子どもが生まれたら育児と介護の両立ということも。20代など若いときに結婚すれば、育児が落ち着いたころに親の介護にじっくり取り組めますが、40代は同時進行でこなさなければならなくなるのがデメリットでしょう。

次ページ:40代で成功する婚活テクニック

お役立ち情報[PR]