お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

モテやすい!? 「人たらし」な男性の特徴と恋愛傾向

ヨダエリ(コラムニスト)

こんにちは、トレンドコラムニスト/恋愛アナリストのヨダエリです。ヒト・モノ・コトの傾向を見極めたり、掘り下げたりする仕事をしています。

さてみなさんは、特定の男性に対して、「人たらしだなあ……」と感じたこと、ありますか?

「あるある!」という人もいれば、「よくわからない」という人もいるでしょう。そもそも「人たらし」って何? と思う人も多いかもしれません。

そこで今回は、「人たらし」とはどういう人か、そして「人たらし」な男性の特徴や、その恋愛傾向などについて考察したいと思います!

人たらしとは

まず、人たらしとはどんな人を指すのでしょうか。

人たらしの意味

人たらしは、本来、「人をだますこと」や「人をだます人」の意味。「女たらし」も、女性をたぶらかす男性の意味で使われますよね。

ということは、「人たらし」も悪い意味で使う言葉かというと、必ずしもそうではなく、現在では「多くの人に好かれること」「多くの人に好かれる人」の意味で使われることも多いです。ビジネスの分野でも「人たらし」であることの大切さが説かれたりしています。

ただ、異性との関係に焦点を当てて「彼は人たらしだから」と言うとき、そこには絶賛というより、苦笑まじりの感情が見え隠れすることも多いように思います。

つまり、意識的であれ無意識であれ、巧みな言葉や態度で多くの人を魅了する人=「人たらし」。そう考えればいいのかもしれません。

人たらしな男性の特徴

では、人たらしな男性にはどんな特徴が見受けられるのか。共通点と思われるポイントを挙げてみましょう。

聞き上手で話し上手

「初対面なのに、なぜか自分のことをペラペラしゃべってしまった」という経験、ありませんか? もしかしたら、その男性は人たらしかもしれません。すべてを受け入れてくれそうな、つい自分の弱音や本心をさらけ出したくなるような雰囲気を持っているのです。

不意に無防備になる

聞き上手であると同時に、話すのも上手。そして、本人も素を見せます。といっても常にすべてをさらけ出すわけではなく、弱音や本音を不意にポロっと出す。見せられた側は「えっ」と驚いたあと、「私を特別扱いしてる?」と彼を意識しはじめます。しかし本人は特に何も考えていないケースが多いです。

甘え上手

彼らが、純粋な「いい人」と区別されるのは、なんだかんだ自分の欲求を通すのがうまい点にあります。といっても強引に人を動かすのではなく、相手がつい希望に沿いたくなるような言葉の伝え方や雰囲気作りがうまいのです。ビジネスでは人たらしであれ、と言われる所以でしょう。

好感の持てる見た目

人たらしの男性は、第一印象の重要性を理解しています。ゆえに、好感を持たれる見た目づくりにも抜かりがありません。といっても、清潔感やきちんと感を重視している人ばかりではなく、無精髭の人などもいます。むしろキメすぎていないことが重要で、自分に似合っていることも大切。人たらしの男性で、見た目において失敗している人はいないように思います。

次ページ:人たらしな男性の恋愛傾向

SHARE