お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 働き方

泣き寝入りしない! 覚えておきたいパワハラ対策

刈谷龍太(弁護士)

我慢できない! パワハラ対策最終手段

会社は、職場環境配慮義務を履行する一環として、パワハラなどのハラスメントに対する相談窓口を設けている場合があります。そのため、まずはそういったしかるべき機関に相談するべきでしょう。そのような機関が存在しない場合や、相談しても何も変わらない場合は、やむを得ず 第三者機関である労働基準監督署や弁護士などに相談するべきです。波風を立てたくないという思いから泣き寝入りをしている人も多いかと思いますが、自身の進退も含めて第三者機関への相談というのは有用であるといえます。

次ページ:「パワハラかな?」と思ったら証拠を押さえよう

お役立ち情報[PR]