お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家雑学 働き方

あなたもチェック。職場でのモラハラ事例と対処法

刈谷龍太

職場や家庭などで問題になっているモラル・ハラスメント。略して「モラハラ」をご存知でしょうか。モラハラは相手に対する言葉や態度などで、精神的な嫌がらせを行う行為のことを言い、セクシャル・ハラスメントやパワー・ハラスメントと同様に、仕事や生活に支障をきたすような深刻な状況に発展することも。しかしモラハラは、迷惑行為をしている側も受けている側も、該当していることに気がつかない場合もあります。そこで弁護士の刈谷龍太さんに職場でのモラハラについて詳しく解説してもらいました。

■職場でのモラハラ事例

モラハラは目に見えるような暴力ではなく、言葉や態度だけで精神的に相手を傷つけるので、第三者に気づいてもらいにくいという特徴があります。特に、2人だけの空間で迷惑行為を受ける場合は、誰かに相談しても信じてもらえないこともあるでしょう。交際相手や家庭で被害を受ける人もいますが、職場でのモラハラに悩まされている人も少なくありません。

職場におけるモラハラとは「言葉や態度、身振りや文書などによって、働く人の人格や尊厳を傷つけたり、肉体的・精神的に傷を負わせて、その人間が職場を辞めざるを得ない状況に追い込んだり、職場の雰囲気を悪くさせること」を言います。簡単に言うと、職場内でのいじめ、精神的虐待ですね。モラハラと似たものとしてパワハラがありますが、一般的には、パワハラが職場内での力関係を利用するものであるのに対し、モラハラは職場内での力関係を利用しないものと考えられています。

モラハラに該当する事例としては下のようなケースが挙げられます。

◇事例1:人格を傷つけているケース(上司⇒女性の部下)

上司から忘年会や営業の帰りなどで、営業成績や仕事内容に関してたびたび厳しい指導を受けるとともに「存在が目障りだ。いるだけでみんなが迷惑している。お願いだから消えてくれ」、「お前は対人恐怖症」、「肩にフケがたくさんついている。お前病気とちがうか」などの発言を浴びせられるケースがあります。

この事例は上司が部下に対し、力関係を利用せずに部下の人格や尊厳を傷つけているのです。このような上司の発言は、業務上の正当な指導の範囲を逸脱するものであり、単なる精神的虐待にすぎないと言えます。

◇事例2:典型的ないじめだったケース(女性⇒同僚女性)

職場の同僚から自分だけ無視をされ、意図的に仲間はずれにされたり、「あの子は尻軽だ」、「仕事中に携帯や鏡ばかり見ている」など根も葉もない悪い噂を流されたりするケースもあります。

この事例は、力関係のない職場の同僚が本人を孤立させようとしたり、本人の人格や尊厳を傷つけていたりするのです。このような同僚の行為は、典型的な職場内のいじめと判断できます。

次ページ:職場でのモラハラチェックリスト

お役立ち情報[PR]