お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

「夫のモラハラ」に悩む人へ。モラハラ夫の特徴と対処法

刈谷龍太(弁護士)

ここ数年よく話題にあがる「モラハラ(モラルハラスメント)」。実は、夫の日々の振る舞いがモラハラであることも……。そんな夫の振る舞いに悩む女性のために、モラハラ夫の特徴とその対処法について、弁護士の刈谷龍太さんに教えてもらいました。

そもそもモラハラとは?

まずは、モラハラとDVのちがいと実際のモラハラ事例についてチェックしていきましょう。

モラハラとDVのちがい

モラハラとは?

モラハラとは、「モラルハラスメント」の略ですが、この言葉自体は法律で明確に定義されているわけではありません。一般的な意味としては、言葉や態度などによる精神的暴力を指すと言われています。

DVとは?

DVとは「ドメスティック・バイオレンス」の略で、一般的には配偶者からの暴力を指すとされていますが、DVそのものを明確に定義した法律はありません。しかしながら、「配偶者からの暴力の防止および被害者の保護に関する法律(いわゆるDV防止法)」では、?「配偶者からの暴力」とは、「配偶者からの身体に対する暴力又はこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動」?と定義されています。

モラハラとDVは同じような意味内容

前述の通り、モラハラもDVもどちらも定義としては同じような意味内容になっており、DVの中でも特に精神的DVをモラハラとする捉え方もあるようです。また、モラハラには、必ずしも被害者に向けられた直接的な精神的暴力、たとえば怒鳴ったり、罵ったりという行為を必要としないとする考え方や、精神的DVは経済的暴力や性的暴力を含むが、モラハラは含まないとする考え方もあるなど、さまざまな見解があるようです。

言葉の意味に囚われないことが重要

個人的には、精神的DVは単なる離婚問題にとどまらず、DV防止法の適用があることから、被害者に強い要保護性が要求されるので、モラハラの中でも特に被害者に直接向けられた?強度な精神的な暴力?をDVと捉える考え方がしっくりくるように思います。

いずれにしろ、モラハラもDVも明確な定義がないことから、重要なのは言葉の意味にとらわれるのではなく、配偶者からこのような仕打ちを受けたという内容を具体的に説明できるようにしておくことです。

モラハラ夫の事例

事例1

ある日子どもが風邪を引いた際に、夫から「子どもが風邪を引いたのはお前の食事が原因だ!」、「ちゃんとした食事を与えているのか!」、「お前に子育てをする資格はない!」などと言われたケース。

子どもが風邪を引いた原因には、さまざまな理由が考えられます。それにもかかわらず、夫は子どもが風邪を引いた原因が妻の食事だと決めつけた上、妻の人格を非難するような発言をしています。このような夫の発言により、妻は「子どもが風邪を引いたのは自分のせいなのではないか」と思うようになり、自分はダメな母親なのではないかと精神的に追い詰められることに繋がります。

このようによくないことが起きたときに、本来は妻が自分のせいだと思うべきではないような事項についても執拗に攻撃することにより精神的に追い詰める行為は、モラハラの典型例と言えます。

事例2

ある日、妻が家計のやりくりについて夫に相談した際、夫から「俺は仕事が忙しい! 家計のやりくりはお前の仕事なんだから、お前がなんとかしろ!」と怒鳴られ、その後、何度相談しようとしても、無視されたり、机を強く叩いてその場を去られてしまったりしたケース。

家計をどのようにしてやりくりするかについては、夫婦にとって非常に重要であり、本来は夫婦間できちんと話し合うべき事柄です。それにもかかわらず夫は、家計のやりくりをすべて妻に押しつけようとし、あたかも妻のやり方が悪いために家計が圧迫されているかのごとく妻を責め立てています。これもモラハラの典型例と言えるでしょう。

また、こうした発言に加え、怒鳴る、物に当たるなどして妻を威嚇し、無視するなど、妻を傷つけるような行為をしています。このような夫の発言や態度のうち、特に威嚇行動はDVと評価される可能性があります。なお、妻が家計について、夫の稼ぎが悪いなどと責め立てる行為は、逆にモラハラと評価されるかもしれないので、注意が必要です。

モラハラ夫の特徴

・何かと人のせいにし、自分の非を認めようとしない

・感情の起伏が激しく、些細なことですぐ怒る

・プライドが異様に高く、自分の考えを曲げようとしない

・正論に聞こえる詭弁を振りかざす

・他者に対する思いやりがなく、考え方が自己中心的

・ときには優しい

・外に対する態度がいい

・束縛傾向にあり、嫉妬心が強い

・平気で嘘をつく

・ストレスに弱く、打たれ弱い

次ページ:夫が「モラハラかも」と思ったらすべきこと

お役立ち情報[PR]