お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

100均グッズを活用。机まわりと引き出しの整理術

宮崎佐智子

気づけば机の上も、引き出しの中もごちゃごちゃ。そのせいで、必要な書類が見つからなかったり、モチベーションが下がったり……。こんな状態では、なかなか仕事がはかどりせんよね。そこで、片づけコンサルタントの宮崎佐智子さんに、机まわりのスマートな整理術を教えてもらいました。

机の上が散らかる原因と整頓術

仕事中、いつの間にか書類が散乱して、どこに何があるのかわからない人も多いはず。机の上が散らかってしまう原因と整理整頓するためのコツを聞きました。

机の上が散らかるのはなぜ?

机の上が散らかる人は、必要な書類や大切な資料を見えるところに置いておかないと不安で、書類を重ねてしまう傾向があります。片づけるなら完璧にしたいとこだわるあまり、中途半端になるくらいなら片づけないほうが“マシ”と、行動に移しません。また、散らかっていても困っていないとの理由で、片づけるメリットを見出せずに整理整頓をしないということがあります。さらには、机の上の理想と現実の状態にギャップがありすぎて、片づけられない人もいます。片づけられない人は、必要な資料と不要な資料、重要度の高い書類と重要度の低い書類が机の上で混在しています。仕事道具や筆記具の定位置が決まっていなかったり、文房具が多すぎるあまり、ペン立てや用具入れに収納しきれず、あふれてしまうといった特徴があります。

机の上を整理するための簡単なコツ4つ

机を3つにゾーン分けする

机を常用ゾーン、仮置きゾーン、作業ゾーンの3つに分けます。常用ゾーンは、電話やメモが取れるようにしておきましょう。仮置きゾーンは、進行中の書類や文房具を一時的に置く場所として利用します。作業ゾーンはパソコンや作業中の書類を置く場所として使います。作業をするゾーンを分けることで、仕事中でも机の上が散らからず、業務に集中できます。

仮置きゾーンの書類を置く際は立てて収納する

書類を平置きにしてしまうと、どんどん山積みになり、やがて雪崩が起こってしまいます。仮置きゾーンに一時的に書類を置く際は、立てて収納できるファイルを使用しましょう。立てて収納することで、探しやすく、取り出しやすく、戻しやすくなります。

書類トレイは置かない

書類トレイを使用すると、積み重なるように置いてしまいます。これでは、下に何があるのかわからなくなり、必要な書類を探す際、面倒で効率が悪くなります。書類トレイは置かないようにしましょう。

ペン類は取り出しやすい収納に

使用頻度が高いペン類は、ペン立てに収納しましょう。使用するときは常用ゾーンに置き、退社するときは中引き出しにしまうと、机の上をきれいに維持できます。

机の上に作業中の書類や文房具を出したまま離席すると、来客があった際、悪い印象を与えかねません。外出や退社で席を離れる際は、机の上をスッキリと片づけるように心がけましょう。

次ページ:引き出しの中が散らかる原因と整頓術

お役立ち情報[PR]