お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

これであなたもモテる! 好きな人の心をつかむ恋愛メールテクニック

メールやLINEは日常的に使うツールですが、恋愛においてはいまだに正解がわからないことだらけ! メールやLINEでしてしまった失敗談から学び、男性の意見から相手の心をつかむメール術をひも解いていきましょう。

■メールやLINEでやってしまった「みんなの失敗談」

◇女性に聞いた! メール失敗談4つ

まずは女性たちに、好きな人にしてしまったメールやLINEでの失敗を聞いてみました。

☆ニュアンスが伝わらなかった

・「冗談でキツいことを言ったけど冗談に伝わらなかった」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ツンとした態度を意識したら、激辛塩対応になってしまった」(23歳/不動産/営業職)

☆頻度が多すぎた

・「あまりにもメールを頻繁にしすぎてひかれた」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「届いてないのか心配になってしつこくしすぎて嫌われた」(30歳/その他/専門職)

☆宛先を間違えた

・「友達へ好きな人の相談をしたくて送ったつもりが、本人に送ってしまい、気持ちがバレてしまった」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「母親に送るつもりが間違えてしまい、彼氏に『今日ご飯いらぬ』と何のかわいげもないLINEを送ってしまった。いつもは絵文字を使うのに……」(30歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

☆駆け引きに失敗した

・「駆け引きのつもりで返信を遅くしたら来なくなった」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「駆け引きのつもりで、返信をわざと遅らせたり、カマかけたり、誤送信したりとありとあらゆることをしたら、自分が疲れた」(31歳/その他/その他)

メールやLINEは顔が見えない分、思っていた気持ちがちゃんと伝わらなかったという失敗談が多かったです。しつこく何回も送ってしまったり、宛先を間違えたりというミスには要注意!

次ページ:メールテクニック【タイミング編】

お役立ち情報[PR]