お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ダイエット

ダイエットにおすすめ! 夜でも太りにくい「夕食レシピ」

須賀いづみ

夜に食事をすると太りやすいと言われていますが、その正しい理由を知っていますか? 実はちゃんと原因があるんです。それを少し意識するだけで、夜に食事をしても効果的にダイエットすることができます。今回は、フードデザイナーの須賀いづみ先生に詳しく教えていただきました。

ダイエット食

■夜食べると、本当に太るの?

遅い時間に疲れて帰宅……やっととれる夕食はおいしいですよね。でも、夜の食事は太りやすいと言われているし、なかなかおいしく食べられないのも事実です。では、なぜ太りやすいのでしょうか?  フードデザイナーの須賀先生に聞いてみましょう。

ためらう夕食

◇夜の食事が太る理由

須賀:「摂取したカロリーを、消費しきれないこと」が一番の理由です。夜は、代謝を抑制する副交感神経が優位となるため、消費されなかったエネルギーは体内で脂肪としてため込まれやすくなります。昼間と同じものを食べても夜は消費されにくいのです。

◇食べても太りにくい時間帯

須賀:人は「体内時計」という体のリズムを持っていて、これはダイエットにも大きく影響します。体内時計を整えるタンパク質「BMAL1(ビーマルワン)」は誰もが持ち合わせていますが、このBMAL1の特徴をしっかりと理解しておくのがダイエットの鍵なんです。BMAL1は「肥満遺伝子」とも呼ばれており、これが減少している間に食事をとると太りにくいとされています。BMAL1が最も少ない時間帯は、14〜15時、逆に、最も多いのは22時〜26時の間です。同じものを食べても時間によって脂肪をため込みやすくなってしまうので、ダイエット中は食べる時間帯も意識するようにしましょう。

次ページ:ダイエットに効果的な夕食のとり方

お役立ち情報[PR]