お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

輪郭スッキリ! 顔のたるみを改善する方法とは

丸山直樹

年齢を重ねると、気になり始めるのが顔のたるみ。メイクでもなかなか隠す事が難しく、悩んでいる女性も多いでしょう。でも、病院やクリニックに通わないと治らないと諦めていませんか? そこで今回は美容外科・形成外科の丸山直樹先生に、たるみの原因と対処法、さらにこれ以上たるませない予防方法を具体的にお聞きしました。

顔のたるみ

■顔がたるんでしまう原因

顔たるみお酒

年齢とともに顔の輪郭がぼやけているような気がするのなら、それは顔のたるみが始まっているのかも? そもそも、なぜ顔はたるんでしまうのでしょうか? 顔がたるむ原因とメカニズムについて詳しく説明していただきました。

◇顔の筋肉と重力の関係

丸山:地球上に住んでいる限り、私たちの体は皮膚も含めて常に“地球の中心”に引っ張られ続けています。そう、重力に絶え間なく引っ張られ続けているのです。立っていれば、顔の皮膚も真下に引っ張られ続けます。その結果、皮膚が伸びて上まぶたが垂れたり、頰の脂肪が垂れ下がってほうれい線やマリオネット線が刻まれてしまうのです。まだ若いうちは顔の筋肉が発達しているのでそうしたたるみに対抗することができますが、年齢が上がるに従って筋肉、特にSMAS(スマス)と呼ばれる筋肉の膜様構造が、ちょうどすだれの幅が広がってしまうようにスカスカになります。そうすると、頰や顎(がく)下の皮膚がたるんでしまうのです。

◇生活習慣による要因

丸山:顔がたるむ一番の原因は、過度の飲酒と喫煙です。お酒は百薬の長とも言いますが、過ぎたるはまた及ばざるがごとし……飲み過ぎは顔の老化の原因となります。度が過ぎる飲酒は体内に活性酸素を発生させてしまいますし、その活性酸素は細胞にダメージを与えます。いってみれば、細胞がさびてしまうようなもの。同様の理由で、喫煙もNGです。たばこの煙の中には、お肌にとって有害な物質がいっぱいです。一卵性双生児の研究では、双子のうち喫煙をしていたほうに明らかな肌の老化(シワ、たるみ)が見られたという結果が出ています。また、睡眠不足もお肌の乾燥や老化の原因になります。肌が乾燥すると、細かな傷がつきやすくなり、小ジワの原因にもなります。お肌のためには、適切な栄養をとって、夜更かしもほどほどにすべきでしょう。

◇紫外線によるダメージ

丸山:みなさんは“日焼け対策”もちろんしていますよね。紫外線はお肌の大敵です。私たちの肌は紫外線によっていつもダメージを受けています。紫外線はビタミンDを作って骨を強化するのに大切な面もありますが、日焼けをし続けてしまうと肌にダメージが蓄積され、小ジワだけでなく目立つ大きなシワになったり、シミの原因になったります。若いうちは自己回復の能力が高いので、永久的なシワやたるみにはなりませんが、年齢を重ねるにつれて肌の修復能力が衰えていくと、たるみになってしまうのです。

次ページ:顔のたるみを改善する方法

お役立ち情報[PR]