お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 女性の身体

生理中は運動してもいいの? 効果と注意点

尾西芳子

心身ともに、普段とは状態の異なる生理中。いつもと同じように運動しても問題ないのか、気になったことはありませんか? ダイエットのために運動を継続している女性は特に気になるこの疑問。今回は「生理中の運動の効果と注意点」について、産婦人科医の尾西芳子先生に解説してもらいました。

pexels-photo-196654

■生理中に運動してもいいの?

なんとなくだるさが続いたり、腹痛に悩まされたり……。万全の体調とは言えない生理中ですが、運動をしても問題ないのでしょうか。まずはその可否を、尾西先生にジャッジしてもらいました。

◇生理中の運動はOK?

pexels-photo-374633

生理中、運動をすること自体は問題ありません。ただ、生理の終わりかけは貧血気味になりがち。したがって、激しい運動は避けるようにしましょう。貧血気味のとき、マラソンなどの酸素を多量に消費する運動はNG。心臓や身体に負担がかかってしまうので注意が必要です。

私が生理中におすすめするのはヨガ。酸素を吸いながらゆっくり運動することで、骨盤内の血液の流れをよくしてくれます。ただし、生理中は避けたほうがいいポーズもあるので、トレーナーの方の指示にしたがって楽しんでくださいね。

◇生理中の軽い運動がもたらす効果って?

pexels-photo-29284

生理前から生理中はブルーデイと言われるように、憂うつな気分になる人も。体を動かすことで気分がすっきりし、ポジティブになれるはず。生理中の適度な運動には、抑うつ効果が期待できますよ。

◇番外編 生理中の水泳は問題ない?

pexels-photo-101986

基本的には問題ありませんが、先ほどもお話ししたように貧血の人は身体に負担がかかってしまうので要注意。また生理中は子宮の入り口が開き気味のため、外からの雑菌が入りやすくなっています。さらに、経血が水に入ることは清潔とは言えないので、積極的にはおすすめはしません。

どうしても入る必要のある場合、タンポンは必須です。タンポンは入る直前に清潔なものにし、出たあとはすぐに抜くと◎。入れっぱなしは蒸れの原因になるため、新しいタンポンは入れず、水泳後はナプキンで対応しましょう。

次ページ:生理中のダイエット効果は?

お役立ち情報[PR]