お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚相手の顔って重要? 専門家に聞いた「後悔しない結婚相手の選び方」

澤口珠子(婚活・女子力アップコンサルタント)

専門家に聞いた「結婚生活」と「結婚相手の顔」の関係性

「いい人なんだけど、顔がどうしても受け入れられない……」「好みの顔じゃない人と結婚してうまくいくの?」と悩む女性もいるでしょう。実際、結婚生活において「結婚相手の顔」はどれくらい重要なのでしょうか? カリスマ婚活コンサルタントの澤口珠子さんに聞いてみました。

結婚相手は「顔」で選んだほうが、結婚生活はうまくいく?

pexels-photo-47396

人間は動物であり、本能があります。顔が好みということは、DNA的にも相性がいいということでしょう。顔のいい旦那さんと結婚するメリットは2つあります。

(1)旦那さんの顔を見る度に幸せな気持ちになれる
(2)かっこいい旦那さんに合わせて、自分も釣り合えるよう、自分磨きを怠らないようになる

いつまでも若々しく、美を意識した結婚生活を送れるでしょう。

ただ、外見というのはあくまで条件のひとつで、結婚後にいくらでも変わるもの。結婚前は顔がよかった旦那さんも、結婚後に太ったり、老化したりすることもあります。また、既婚者で顔のいい男性は例外なくモテます。浮気の心配が常につきまとうこともお忘れなく。

顔が好みじゃない男性は、結婚候補から外すべき?

pexels-photo-132589

「相手がそばに寄るだけでゾワゾワする」「どうしても好きになれない」など、生理的に受け付けられないようであれば、そもそも本能が「NO」と言っているということ。このような男性は、結婚候補から外すべきでしょう。逆に、生理的嫌悪感を抱かない相手であれば、結婚候補から外さなくていいと思いますよ。

幸せな結婚をするために「重視したほうがいい条件」とは?

pexels-photo-136411

今はイケメンでかっこいい男性も、結婚後は新しい女性との出会いがなくなるので、独身時代のように外見に気を配ることも、外見を維持するモチベーションも下がります。さらに、幸せ太りをしたり、老化したりと、多くの男性は結婚後に「おじさん化」が加速するでしょう。

結婚相手の条件のひとつに「好みの顔」を求める女性も多いと思いますが、顔は結婚後にいくらでも変わるもの。この変わりやすい条件を心のよりどころにして結婚すると、「こんなはずではなかった」と結婚を後悔することが多くなるでしょう。

幸せな結婚がしたい女性は、変わりやすい条件ではなく「変わりにくい条件」を重視することが大切です。たとえば、外見ではなく、その男性自身の人間性や生きる姿勢、在り方、価値観など。その人の根底にある内面部分は、あまり変わらないものです。

内面に注目して結婚相手を選ぶと、結婚で失敗する可能性は少ないでしょう。長い結婚生活、人として尊敬できない男性とは、幸せな結婚生活を送れない危険性があるので要注意です。

次ページ:まとめ

SHARE