お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

「彼女持ち」の男性ばかり好きになる女性の心理&抜け出す方法

ゆうきゆう

「フリーの人には興味が持てない」「彼女持ちの男性ばかり好きになってしまう」……など、彼女がいる男性ばかりを好きになってしまうことに悩んでいませんか? 今回は彼女がいる男性ばかりを好きになってしまう心理やそんな状態から抜け出す方法について、ゆうメンタルクリニック総院長・ゆうきゆう先生の解説を元に紹介します。

pexels-photo-289237

■彼女持ちの男性ばかり好きになってしまう心理6つ

マイナビウーマンが実施したアンケートによると、「彼女がいる男性」を好きになった経験のある女性は26%、およそ4分の1もいることが判明しました。

Q、「彼女がいる男性」を好きになったことがありますか?2

はい26%
いいえ74%

「いいな」と思った男性に彼女がいた、という事態はけっこうあるようですね。しかし中には「彼女持ちの男性だから好き」という女性もいます。一体彼女たちの心理はどうなっているのでしょうか? ゆうき先生にお話を聞いてみました。

◇誰かのものほど魅力に見えてしまう

「隣の芝生は青い」という言葉があるように、他人のものは魅力的に見えてしまうものです。この心理に陥りやすいのは、「他人と比較する癖がある人」、「勝ち負けにこだわる人」、また、損をしたくないという気持ちが強く、「自分が一番でいたい人」です。

たとえば同じケーキをもらっても「あっちの方が大きいのでは」「あっちの方がイチゴがおいしそう」などと、思ってしまいやすい人が当てはまります。このタイプは被害者意識が強いという特徴もあるため、そのことを自覚して「隣の芝生は青いものだ」と、自分の恋愛感情を少し引いて見る癖をつけましょう。

◇彼女に自分を投影してしまう

女性はもともと「共感能力」が高く、相手の立場で物事を考えたり感じたりしやすいものです。そのため彼が恋人と仲よくしている様子を見て、「この人といれば幸せになれるのでは」「彼女のように大切にしてくれるのでは」という期待を寄せやすくなります。

しかもこの投影心理、必ずしも幸せそうなカップルだけに抱くものではありません。「彼女に対する愚痴(相談)を聞いていたら、いつの間にか相談者の男性を好きになってしまった」、「私だったら、彼をもっと大切にするのに……」というのも、実は投影の心理が働いています。

相談や愚痴を聞いていて好きになってしまうというのは意外に多いパターンですが、一方だけの意見を聞いて「彼女が悪い」、「彼が大切にされていない」と決めつけるのは早計です。男性から恋人の愚痴を聞くときは、話半分にして聞きましょう

◇自分に興味がない男性に惹かれやすい

自尊心が低い女性に多く見られるのが、「自分に興味がない相手にしか価値を見いだせない」、という心理です。このタイプの女性は自尊心が低いために「自分を好いてくれる相手」も低く見てしまったり、「(わたしなんかに)振り向いてもらえなくて当たり前」と自虐的な思考をすることで、恋愛で傷つくリスクを避ける傾向があります。

また、せっかく振り向いてくれた相手に対して、「大したことなかった」「思っていたのとちがった……」と感じて急に冷めたり、相手の浮気や心変わりを異様に心配して過度に束縛するケースも少なくありません。

◇恋愛をゲームだと思っている

通常ゲームは、クリアするごとにステージの難易度が上がり、プレイヤーはそれを楽しむものですが、恋愛を一種のゲームだと捉えている人もいます。この心理を持つ人は、あえて「恋人のいる相手」をターゲットにすることでハードルを上げ、恋愛を楽しんでいます。

◇パートナーがいる男性にスペックの高さを感じる

恋人のいる男性=少なくとも1人以上の女性が異性としてその魅力を認めた、とも言えます。つまり誰かがよさを保証した男性だということ。彼女持ちの男性ばかりを好きになってしまう人の中には、男性を見る目に自信がないため「他人のお墨付きが欲しい」、という人もいます。

「恋人がいることで余裕がある」「女性慣れしているから話しやすい」というのは多くの女性にとって魅力的に映りやすいポイントではありますが、「誰か(彼女)が選んだのだから、いい男にちがいない」といったフィルターが強すぎる人は、自分に自信をつける努力をしたほうがいいでしょう。

◇スリルが好き

「恋愛=ドキドキするもの」だという思いこみが強い人もいます。このタイプは、つねに恋愛でトラブルを抱えていないと「逆に安心できない」といった“むしろ不安な状態でいたい”心理を持つ人が少なくありません。

心理学で有名な “つり橋効果”は、スリル(不安や恐怖)を感じたときの「ドキドキ」と「恋愛」を混同してしまう現象ですが、このタイプはまさにスリルと恋愛を混同しています。そのため、2人の関係が安定してくると相手に冷める傾向があります。

次ページ:そんな状態から抜け出す方法6つ

お役立ち情報[PR]