お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

長年付き合っている彼女と男性が別れる理由&復縁する方法

織田隼人

彼氏と交際3年以上になる女性の中には、彼氏に飽きられてないか、突然振られないか……と心配している人もいるのでは? 実際に「長すぎた春」という言葉があるように、交際期間が長すぎたため、結婚にいたるまえに別れてしまうカップルもいます。ではそうならないためにはどうすればいいのでしょうか? 今回は、長年付き合った彼女と別れる男性の気持ちや長年付き合った相手と復縁する方法について、男女心理に詳しい織田隼人さんの解説を紹介します。

悩む女性

■男性が、長年付き合ってる彼女と別れる理由&対策

まずはじめに、長年付き合った彼女と別れる男性の本音について見ていきましょう。女性と3年以上付き合ったことがある男性371名に、彼女と別れた理由について聞いてみました。また、男性が別れたいと思う理由への対処法について織田さんのアドバイスも一緒に紹介しているので合わせて要チェック!(※1)

女性

◇心変わりしてしまった

・「他に好きな人ができてそちらを選んだ」(28歳/機械・精密機器/営業職)

・「自分に他に好きな人ができたから」(37歳/小売店/その他)

理由として多くあがったのが「心変わり」でした。女性からしたらなんとも切ない理由ですよね。しかし、理想の異性に突然出会ってしまったら……心がグラッと揺れるのは女性も同じではないしょうか。

★心変わりされないためには?

○彼に対して「甘える」

「心変わり」対策としてもっとも有効なのが、彼にとって「代わりのいない女性」になることです。唯一無二の存在になることで、心変わりしそうになっても「結局俺には彼女しかいない!」と、思いとどまらせるきっかけになります。

「代わりのいない女性」になるには、彼にたくさん「甘える」こと。男性は、「ほっておけない!」と庇護欲(ひごよく)をかきたてられる女性に対して「彼女には俺が必要だ」と強い使命感を感じます。そしてこの使命感が転じて「彼女には俺しかいない、俺には彼女しかいない」と考えるようになります。

◇マンネリ化してしまった

・「マンネリ化して相手に優しくできなくなったから」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「お互いに倦怠期になってしまった」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

交際の長いカップルを襲う問題といえば「マンネリ化」ですよね。刺激を感じなくなる=関係性が安定した状態でもありますが、異性として見られない、扱われなくなるのは悲しいものです。

★マンネリ化しないためには?

○「癒やし」を与える

マンネリ化するというのは、お互いの心が安定してきた証拠。ドキドキは減りますが、その分「癒やし」を実感できるようになります。ですので、マンネリ化してきたときこそ彼の耳掃除をしてあげたり、お互いにマッサージをし合ったりなど、「癒やし合える」関係性を構築しましょう。

癒やし合える関係性になることで、「じんわりした長期の愛情」が沸き起こってきます。すると「ずっと一緒にいたい相手」として、穏やかで深い関係を築けます。

◇ケンカが増えた

・「付き合って3年がすぎて同棲をしたらケンカばっかりに」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「お互いのことを考えることができなくなり、ケンカが多くなってきたため」(29歳/不動産/営業職)

付き合いが長くなると、お互いに遠慮や配慮がなくなりケンカに発展することも増えるでしょう。その都度話し合って仲直りできるカップルであれば問題ないですが、なかには破局を向かえるカップルも……。「ケンカするほど仲がいい」とは言いますが、ケンカのしすぎは別れの理由になるようです。

★ケンカを減らして仲よく過ごすには?

○「しかたないなぁ」を口癖にする

長期間付き合ったカップルのケンカは、たいていが「くだらない」ことです。なぜくだらないケンカを頻発するようになるのか。それは親しくなりすぎた結果、「相手は自分のことをわかってくれて当然」と思うようになるからです。相手に対して求めるハードルが上がるため、それに比例してケンカが増えていきます。

そこでケンカをしたら、「しかたないなぁ」とつぶやくようにしましょう。これにより相手に求めるハードルを下げていくことができます。

次ページ:復縁したい……元サヤに戻るカップルはどのくらい?

お役立ち情報[PR]