お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ボディケア

歯科医が教える! 口臭の原因と対策方法

長澤彩

「自分の口臭が気になる」「歯を磨いているのに息がくさいと言われた」……など、そんなふうに悩んでいませんか? 今回は口臭の原因や対策について歯科医・長澤彩先生の解説を元に紹介します。

笑う女性

■口臭のタイプ&原因

まずはじめに、口臭の原因について探っていきましょう。長澤先生によると、口臭には食べ物によるもののほか、口内環境によるものや胃の不調からくるものなど、さまざまあるといいます。いったいどういうことなのか、詳しく教えてもらいました。

あくびする女性

◇(1)口臭の原因となる食べ物を摂取

口臭の原因のひとつに、においの元となる食べ物の摂取があります。そこでデート前や接客前などは、以下の食べ物を控えると口臭が予防できます。

☆食べ物の成分がにおいの元となるもの

ニンニク、ニラ、玉ねぎ、ラッキョウ、キムチ、アルコール、コーヒー

☆食べ物自体ににおいがあるもの

納豆、チーズ

☆薬品系

栄養ドリンク、漢方薬など。また、薬品ではないですが「タバコ」も口臭の原因となります。

◇(2)生理的口臭

寝起きや緊張時など、唾液の分泌が減少することにより起こる口臭を「生理的口臭」といいます。詳しくは以下を見ていきましょう。

☆起床時

寝ている間は唾液の分泌が抑制されるため、口内の細菌が繁殖し口臭につながります。起床時の口臭は「モーニングブレス」ともいわれ、空腹時に起こる口臭や緊張時の口臭にくらべて強い口臭となります。

☆空腹時

唾液には口の中を洗浄したり殺菌する作用があります。噛むことで唾液腺が刺激されて分泌されますが、空腹時は何も食べないため唾液腺が刺激されず、唾液の量が減少します。これにより口の中が乾燥し、細菌が繁殖して口臭が発生します。

☆緊張時

唾液の分泌には自律神経が関係しています。自律神経には、興奮している時に優位に働く「交感神経」と、リラックスしているときに優位に働く「副交感神経」があり、緊張をしている時は交感神経が優位になります。交感神経には唾液の分泌量を低下させる働きがあるので、口の中が乾いて口臭が強くなります。

◇(3)病的口臭

病気が原因の口臭は、「口の中に原因があるケース」と「内臓疾患が原因のケース」の2つに分類されます。発生比率としては、前者が8割、残りの2割が後者になります。

☆歯周病

歯周病になると、歯周ポケットがどんどん広がってしまい、ここに口臭の原因である嫌気性菌が住みつきやすくなります。歯周病菌は、硫黄っぽい卵が腐ったようなにおいを発します。

☆虫歯

虫歯菌が出す酸で歯を溶かすにおいと、歯に付着した歯垢にいる菌が食べカスを分解する時に出すにおいが口臭になります。虫歯がどんどん進行していくにつれて、においも強くなります。虫歯が進行し、神経が侵食されて死んでしまうと、腐敗臭もしてきます。

また、舌の汚れが原因で口臭となることもあるため、虫歯にならないよう歯を磨くだけでなく、あわせて「舌磨き」も行いましょう。

☆ドライマウス

ドライマウスは、さまざまな原因から唾液の分泌量が減ってしまい、つねに口の中が乾いた状態になる症状です。原因としては鼻づまりによる口呼吸、薬の副作用、喫煙、加齢などが考えられます。

☆内臓系、呼吸器系などの疾患

「胃が悪いと口臭がする」という話、一度は聞いたことがあるでしょう。胃の病気があると生ゴミのようなにおいがします。また、腎臓が悪い人は尿のようなアンモニア臭がします。糖尿病の場合、りんごが腐ったような少し甘酸っぱい口臭がします。

次ページ:お口すっきり! 今日からできる「口臭」対策

お役立ち情報[PR]