お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

旦那がストレス! 「主人在宅ストレス症候群」の原因と対処法

ゆうきゆう

「旦那の帰宅時間になると吐き気や動機がする」「夫が家にいるとイライラする……」など、そんな風にあなたは悩んでいませんか? もしかしたらそれ、「主人在宅ストレス症候群」かもしれませんよ。今回は、旦那にイライラする、ストレスを感じる原因や対処法について、ゆうメンタルクリニック総院長・ゆうきゆう先生の解説を紹介します。

istock-637526994

■「主人在宅ストレス症候群」とは?

istock-623667236

大好きで片時も離れたくなかった旦那―。それなのに今は「ずっと帰ってこなければいいのに……」なんて思っていませんか? 旦那の存在をストレスに感じる女性は少なくないもよう。ゆうき先生によると旦那が家にいるストレスで健康を崩す女性は「主人在宅ストレス症候群」にかかっている可能性があるのだとか。詳しい解説を見ていきましょう。

◇(1)「主人在宅ストレス症候群」とは?

主人在宅ストレス症候群というのは言葉通り、夫が家にいることが強いストレスとなり妻が心身に不調をきたすというものです。もともとは定年後、夫が常に家にいることをストレスに感じるというケースが多かったのですが、近年は定年後に限らず「毎日夫が帰ってくるだけでゆううつ」「毎週日曜日(夫の休日)がつらい」と感じ、夫の帰宅時間や休日が近づくと不調を訴えるというケースも増えているようです。

◇(2)「主人在宅ストレス症候群」の症状

では「主人在宅ストレス症候群」になるとどんな症状が出るのか……。精神面では夫の在宅時や帰宅してくることを考えるとイライラする、強い不安感やゆううつ感を抱く、といったものが挙げられます。身体面では吐き気、胃の不快感、頭痛、冷や汗、食欲不振や不眠など、さまざまあるとされています。また、ひどくなってくるとうつ病、不安障害や強迫性障害、自律神経失調症といった病気に発展したり、高血圧や胃潰瘍、ぜんそく、既往症である更年期障害の症状が急に重くなったり長引いたりといった傾向も報告されています。

次ページ:こんな夫婦は要注意! 旦那ストレスに陥る夫婦の特徴

お役立ち情報[PR]