お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【妊娠出産のウソ&ホント】妊娠しても生理がくるってホント?

尾西芳子(産婦人科専門医)

将来妊娠したい、したくないに関わらず、妊娠・出産は未知の世界。出産未経験の女性たちが感じている妊娠・出産にまつわる素朴なギモンについて、産婦人科専門医の尾西芳子先生がわかりやすく教えてくれます。ウソかホントかわからない情報に惑わされずに、正しい知識を身につけましょう!

「そろそろ生理だというあたりに出血があったけど、その後、妊娠が発覚した」「妊娠の初期に出血があった」というのは、けっこうよく聞く話です。そう考えると、妊娠しても生理はくるものなのでしょうか? それとも、生理に似た出血なのでしょうか? またその場合、妊娠への影響は? 今回は、そんな妊娠中の出血にまつわるウソ&ホントに迫りました! 産婦人科医の尾西芳子先生に解説してもらいましょう。

本日の「ソボクな疑問」

Q.妊娠しても生理がくるってホント?

rf38332884_o<読者の声>

・妊娠したら生理は止まると思う。(24歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・妊娠したが出血をしている友達がいるから、くると思う。(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)
・生理は妊娠する必要がない人に起こる現象だと思う。(28歳/情報・IT/事務系専門職)
・妊娠初期は、生理に似た出血があると聞いたことがある。(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

尾西先生のアンサーは!?

ウソ答えは……
ウソです!

妊娠したら、絶対に生理はきません。そもそも生理というのは、妊娠に備えて用意した子宮の中の膜が、「受精卵がこなかった」「着床しなかった」=「妊娠しなかった」ために不必要になり、剥がれ落ちた際の出血を指します。ですから、妊娠中に生理がくる=流産ということになります。

一方で、妊娠初期は4割ほどの妊婦さんが、特に異常がなくても少量の出血をします。たとえば、受精卵が子宮に入り込むときに起こる「着床出血」なども、そうですね。その多くはおりものシートにつくくらいなのですが、中にはそこそこ出血する方や、1週間くらいだらだらと続く方もいらっしゃいます。それを生理と勘違いしてしまい、妊娠に気づくのが遅れる方がいるのです。

ですから、妊娠の可能性がある人は、出血がいつもより少なかったり、なんとなく熱っぽかったりしたら、妊娠検査薬などで検査をしてみましょう。また、中には子宮の入り口にポリープができていると少量出血を繰り返すこともあるので、これは妊娠の診察のときにチェックしてもらってください。

なお、妊娠が発覚してから、生理と同じ出血が起こってしまったら流産の可能性が高まります。また妊娠中期での出血はよくないので、必ず受診しましょう。

いずれにしろ、妊娠中の出血と生理は別物です。また妊娠中の出血は何か原因があるものとないものがあるので、原因がわかるまでは放置しないでくださいね。

(取材協力:尾西芳子、文:ヨダヒロコ、撮影:masaco)

※一部画像はイメージです

※この記事は 総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」編集部による内容チェックに基づき、マイナビウーマン編集部が加筆・修正などのうえ、掲載しました(2018.05.24)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※この記事は2017年04月22日に公開されたものです

尾西芳子(産婦人科専門医)

高輪台レディースクリニック副院長

日本産科婦人科学会会員
日本女性医学学会会員(専門医)
日本産婦人科乳腺学会会員

神戸大学国際文化学部卒業後、山口大学医学部学士編入学。慈恵医大病院、日本赤十字社医療センター、済生会中津病院の勤務を経て、都内の産婦人科クリニック勤務。2017年7月、高輪台にて開業。

妊娠・出産から、婦人科がんの手術、不妊治療と広く学び「どんな小さな不調でも相談に来てほしい」と女性のすべての悩みに応えることのできる女性のかかりつけ医を目指す。モデルの経験を活かし、美と健康に関する知識も豊富。Webの連載をはじめ、TV、雑誌、講演会で活躍中。

オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/yoshiko-onishi/

この著者の記事一覧 

SHARE