お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 妊娠・出産

【妊娠出産のウソ&ホント】生まれたての赤ちゃんは毛むくじゃらってホント?

尾西芳子(産婦人科専門医)

将来妊娠したい、したくないに関わらず、妊娠・出産は未知の世界。出産未経験の女性たちが感じている妊娠・出産にまつわる素朴なギモンについて、産婦人科専門医の尾西芳子先生がわかりやすく教えてくれます。ウソかホントかわからない情報に惑わされずに、正しい知識を身につけましょう!

赤ちゃんと聞くと、つるつるすべすべの“タマゴ肌”をイメージしがちですが、実際に産まれたての赤ちゃんを見ると、顔や体中が毛むくじゃらで、「こんなに毛深くて大丈夫?」なんて心配するママも少なくないようです。毛むくじゃらになる原因は? そして成長すれば薄くなるの? 今回は、そんな赤ちゃんの毛にまつわるウソ&ホントに迫りました! 産婦人科医の尾西芳子先生に解説してもらいましょう。

本日の「ソボクな疑問」

Q.生まれたての赤ちゃんは毛むくじゃらってホント?

rf20550890_o<読者の声>

・友達の赤ちゃんはみんな背中まで毛むくじゃらだった。(28歳/医療・福祉/専門職)
・けっこう毛むくじゃらでも、成長とともに薄くなる子がいた。(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・髪がふさふさな子とそうでない子、体毛がふさふさな子とそうでない子、親の遺伝は関係あるのでしょうか?(32歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・ほぼ毛がないイメージ。(29歳/情報・IT/事務系専門職)

尾西先生のアンサーは!?

ホント答えは……
ホントです!

ただし、どの赤ちゃんも必ず毛むくじゃらというわけではありません。生まれたての赤ちゃんをおおっている毛は「胎毛」と呼ばれ、お母さんのおなかにいる間、皮膚を羊水の刺激から守っていたものです。そのため、皮膚の細胞がしっかりしてくる出産予定日近くになると、だんだん抜け落ちていきます。というのも、皮膚自体が赤ちゃんの体を守れるようになっているので、皮膚以外に保護するものが不必要になるのです。

ですから、すでに成熟して産まれてきた赤ちゃんの場合は、胎毛が抜け落ちたつるっとした肌で産まれてきます。逆に出産予定日よりかなり早く産まれてしまった未熟児の赤ちゃんなどは、しっかり胎毛がくっついていることが多いです。とはいえ、その赤ちゃんも4~5カ月もすればどんどん成熟してきて胎毛がキレイに抜けますので、心配いりませんよ。

ちなみに、「親の遺伝は関係あるのでしょうか?」という質問がありますが、胎毛とは別に、遺伝で「体毛」が濃い場合もあります。もしかすると「友達の赤ちゃんはみんな背中まで毛むくじゃらだった」というコメントのお友達の赤ちゃんは、ご両親またはどちらかが毛深くて、遺伝的に毛が濃くなっている可能性はありますね。髪の毛の量や太さについても、遺伝によるところは大きく、ご両親のどちらかに似ることが多いです。

とはいえ、未熟児に限らず、産まれてすぐの毛の濃い赤ちゃんを見て「猿みたい」と心配されるママもいらっしゃるかと思います。でも、先ほども言ったとおり、数カ月経てばつるつるの、いわゆる“赤ちゃん肌”になりますから、あまり不安にならなくても大丈夫ですよ。

(取材協力:尾西芳子、文:ヨダヒロコ、撮影:masaco)

※一部画像はイメージです

※この記事は 総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」編集部による内容チェックに基づき、マイナビウーマン編集部が加筆・修正などのうえ、掲載しました(2018.05.24)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください