お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

元彼に連絡したい。別れた彼氏への連絡タイミングと注意点

にらさわあきこ(文筆家、美容研究家)

ファナティック

元彼に連絡したい気持ちを抑える方法

考えた結果、元彼に連絡を取らないと決めることもありますよね。やり直しても「きっとうまくいかない」。そう悟ったら連絡しない道を選ぶのも正解です。

事実、世の中には「好きだけど、付き合うとうまくいかない」男女は多いです。ただし、彼との関係を美しい思い出にしすぎると、新しい出会いに差し障るので、彼を美化しすぎないことが大事です。

既婚の女友達に相談する

気持ちを抑えるためにオススメしたいのは、結婚している女友達に彼を評価してもらうこと。

既婚者の女友達はやさしくてあなたの味方であるというだけでなく、結婚生活の現実をよく知っていますから、元彼が「結婚相手としていかにダメか」を心から強く教えてくれます。

「あんな男、結婚には向いてないよ」「夫にするには小さいよ」と言ってもらえると、あなたの心にあった未練も吹き飛んでいくはずですし、「そうよね、恋をするにはよかったけど、結婚相手にはイマイチだったかも」と冷静に判断できるようになります。すると新しい出会いに対して、きっと前向きになれますよ。

別れた元彼への連絡は慎重に

元彼へ連絡をしたい! そう思って連絡をすることは、必ずしもNGではありません。連絡をするときには、元彼から誤解されないように、慎重になる必要はありそうです。

今回ご紹介したアドバイスを参考にして、元彼とのご縁を紡ぎなおして、より素敵な関係を築くことができるかもしれませんよ。

(監修:にらさわあきこ、文:ファナティック)

※画像はイメージです

※1 マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年1月31日~2月1日
調査人数:375人(22~34歳の女性)

※2 マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月
調査人数:105件(22~38歳の働く男性)

※この記事は2017年03月31日に公開されたものです

にらさわあきこ(文筆家、美容研究家) (文筆家・恋愛婚活研究所主宰・美容研究家)

文筆家。NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆活動を行う。未婚男女の実情に迫った『未婚当然時代』(ポプラ新書)や婚活する女性たちを描いた『婚活難民』(光文社)、『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など著書多数。2019年からは美容活動「美活」を積極的に行い、簡単&ラクに綺麗になるための情報を発信中。
インスタ:akiko_nirasawa_beauty
ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク~に綺麗になろう!』

この著者の記事一覧 
ファナティック (編集プロダクション)

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE