お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

元彼に連絡したい! 別れた恋人への連絡のタイミングと注意点

にらさわあきこ(文筆家、美容研究家)

【専門家】元彼に連絡したいと思ったら、行動する前に考えたいこと

元彼に連絡したいと思ったとき、注意すべき点は何でしょうか? 恋愛・婚活研究所主宰のにらさわあきこさんに聞いてみました。

istock-540961086

元彼に連絡をしたい場合は、どういう目的で連絡を取りたいかを考えておくことが大事です。というのも、一度は別れた間柄。「会ってから考えたい」などというぬるい思いで連絡を取ると、時として同じ相手にまた失恋してしまうという悲しい思いをすることもあるからです。彼に会って、「その後どういう関係になりたいのか」――。それを先にイメージしてから連絡をするようにすれば、会い方や連絡方法、内容に細心の注意を払えますし、不意に心が砕けるなどのダメージを減らすこともできるのです。

復縁したい場合

元彼にわざわざ連絡をしたいとなると、多いのは「復縁したい」ケースでしょうか。実際過去には相思相愛になれたことがあるのですし、復縁して結婚したカップルも世の中にはそれなりにいる。その後いろいろあったり、さまざまな人を見ようとしたけれど、「やっぱり彼が一番」と感じたり、「ずっと彼が忘れられなかった」というなら、復縁を目指すのはありでしょう。ただしこの場合、注意したいのは「復縁してやっていけるのか」を先に考えておくことです。当たり前ですが、別れたからには別れたなりの理由があるはずです。だから、その理由をしっかりと見つめ直す必要があります。「彼のいい面」だけを思い出して、復縁を目指すと、また別れることになってしまいかねません。一度別れたことによって「あんなこと問題でなかったんだ」とあなたが思えているとしたなら、気にすることはありません。いずれにしても、復縁を目指すなら、「また失敗することがないか」を考えておくことが大事です。

彼と友だちになりたい場合

一方、彼を尊敬していて、単純に友だちになりたいケースもあるでしょう。「恋人としてはダメだったけど、彼のここは信頼できる」とか、「婚活をする上で、自分をよく知る彼にアドバイスを求めたい」ということがあるかもしれません。この場合には、気楽な気持ちで連絡を取っていいですし、友だちになら断られても気にならないはずなので、そこまで重く考えず、さくっと連絡してしまいましょう。

とにかくやるせない場合

最後、私がオススメしたいのは彼を「心の話し相手にする」ケースです。目的としては「自分のやるせなさやダメージを回復させる」手段として彼に連絡を取るのです。「振られて悲しい」とか、「やり直せないの?」などという内容は、復縁を意識したら、送らないほうがいいとされています。けれど、そうやって自分の本音に蓋をして我慢ばかりすることで、あなたの元気が失われるなら、そのほうが問題です。悲しいことがあったときや、「これからどうなるんだろう?」と不意に暗くなってしまうとき、または友だちにも片思いの相手にも言いづらく、彼がいたなら言えただろう内容もすべて、元彼に送っていいでしょう。ただし、この場合、彼とその後「どうこうなりたい」という野心を強く持ってはいけません(棚ボタ的に狙うのはOKです)。なぜかというと、この場合の連絡意図は、彼との関係を築くことでなく、あなたの心を癒すことだからです。

連絡する場合のベストなタイミングと方法

復縁したいなら「間を置いてから」

元彼に連絡をする場合、復縁を目指すなら、少なくも数カ月単位の冷却期間が必要です。というのも、別れたてはどうしても、相手の「中味」ではなくて、別れる理由になったはずの「嫌なところ」が浮かんでしまうから。単純な喧嘩をしたのなら1カ月程度、それ以外の理由で振られたなら、3カ月程度の間をおいて「元気?」などとシラッと連絡をいれてみるといいでしょう。

逆にこちらから振った場合でも、彼がずっとこちらに対して快く思っているかはわかりません。友人を通じて様子を探れるなら、まずは様子を探ってみて「まだ好きそうだよ」とわかったら1カ月後程度の連絡で、OK.かわからないなら、やはりほとぼりが冷めるのを待って、3カ月後程度に連絡するのがベターです。

友だちと癒し目的は長い文章で

また、友だちになりたい場合には、少し慎重にていねいなメールを送るといいでしょう。「人としてリスペクトしているので友だち付き合いをしたい」旨はしっかり伝えたいところです。時期は、別れ方にもよりますが、復縁したい場合と同じで、喧嘩別れなら1カ月後程度、それ以外の理由なら、3カ月程度は開けたいところです。ただし、これまた共通の知り合いがいて、彼の様子が探れる場合、彼が平常に戻っているようなら、もう少し早くしても構いません。

これら以外の、「心の癒し先」として彼と連絡を取りたい場合には、随時心の赴くままに、自由に連絡を取ってOK。とはいえ、レスを求めてはいけません。あなたの文章を読んでくれる「あなたを知っている」人がいるということをここでは喜びとしましょう。

元彼に連絡したい気持ちを抑える方法

考えた結果、元彼に連絡を取らないと決めることもありますよね。やり直しても「きっとうまくいかない」。そう悟ったら連絡しない道を選ぶのも正解です。事実、世の中には「好きだけど、付き合うとうまくいかない」男女は多いです。ただし、彼との関係を美しい思い出にしすぎると、新しい出会いに差し障るので、彼を美化しすぎないことが大事です。

結婚している女友だちに会う

そのためにオススメしたいのは、結婚している女友だちに彼を評価してもらうこと。結婚している女友だちはやさしくてあなたの味方であるというだけでなく、結婚生活の現実をよく知っていますから、元彼が「結婚相手としていかにダメか」を心から強く教えてくれます。「あんな男、結婚には向いてないよ」「夫にするには小さいよ」と断言してもらえると、あなたの心にあった未練も吹き飛んでいくはずですし、「そうよね、恋をするにはよかったけど、結婚相手にはイマイチだったかも」と冷静に判断できるようになります。すると新しい出会いに対して、きっと前向きになれますよ。

次ページ:「別れた恋人への連絡のタイミングと注意点」まとめ

SHARE