お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

俺のこと好きなの!? 男子がドキッとする「意味深・LINE」4選

ファナティック

%e7%94%b7%e5%ad%90%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b気になる男性にとっての「単なる知り合い」以上の存在になりたい! と思ったとき、あなたならどんな作戦を実行しますか? ストレートにアピールするのもいいけれど……ちょっと勇気が足りない! なんてときには、LINEが便利です。具体的にどんな内容のLINEを送れば、男性をドキッとさせられるのでしょうか。男性たちの本音をアンケートで調査しました。

■ハートマーク

・「絵文字でもスタンプでも、ハートマークがあれば、ドキッとするよ」(34歳/その他/その他)

・「ハートの絵文字などが多用されているような内容」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ハートなどで、好きということがわかるLINE」(23歳/食品・飲料/営業職)

手軽に実践できる方法ですが、実は効果が高いと言えそう。視覚にも華やかなハートマークは、男性たちのテンションもアップしてくれます。連発するのではなく、ここぞというタイミングを狙ってみてくださいね。

■お誘いメッセージ

・「今夜二人で飲みにいこう的な」(31歳/その他/営業職)

・「今度の日曜日、空いてる?」(39歳/学校・教育関連/専門職)

・「『会いたい』など、言わなそうなことを言ってきたとき」(23歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

こちらも勇気が必要な内容ですが、二人の関係を一歩進めるためのチャンスになるのかも……!? さりげないメッセージで相手の気持ちを確認しましょう!

■お礼の言葉

・「二人で遊んだ帰りに『今日は楽しかったよ。ありがとう』という内容のLINEがきたとき」(27歳/小売店/営業職)

二人で出かけることに成功したら、お礼のLINEも忘れないで。文面に凝る必要はありませんから、素直な気持ちを伝えてみてください。きっと好印象を残せるはずです。

■好き!

・「好きなタイプと言われたとき」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「突然、『好きですっ』と言われたら。びっくりする」(34歳/情報・IT/技術職)

それが言えたら苦労はしない!? と思ってしまうような一言ですが、実は待っている男性も多いのかもしれませんね。びっくりの先に「ドキッ」がきたら、可能性はかなり高そう。相手の反応を探りたいときにも、LINEが味方になってくれることでしょう。

■まとめ

LINEでのやりとりを楽しんでいるうちに、いつしか恋愛感情が……!なんてケースは、決して珍しくはありません。気になる相手とLINEをするときには、ほんの少し勇気を出してみてください。大切な一歩につながるのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数220件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]