お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男女でちがう! 恋愛対象になる人の特徴まとめ

織田隼人

女性目線で見た場合と、男性目線で見た場合とでは、恋愛対象となる人のタイプに大きく違いがあるのでしょうか? もし、あるとしたら、どういう違いがあるのでしょうか? 今回は、この「違い」について検証するため、「恋愛対象」に関するアンケートを実施。さらに男女心理の専門家である織田隼人さんにアドバイスをいただきました。

■男女でちがう! 恋愛対象に入れる異性の割合

日本でよく見る漫画のシーンといえば、男性の場合は「たくさんの女性にモテるハーレム」、女性の場合は「2人のいい男が自分を取り合う」ではないでしょうか。この構図、もはや鉄板でうける要素として漫画界における地位を確立していますが、男女で理想とするモテの概念、恋愛対象となる異性の条件には違いがあるのでしょうか? 男女の心理に詳しい織田隼人さんに聞いてみました。

con_udekumu8615092102_tp_v

●男性は出会った女性のほとんどが恋愛対象! 一方女性は……

織田さんによると恋愛対象となる異性の範囲は、男性はく、女性はなくなるといいます。一体どうしてなのでしょうか。

織田さん:男性は女性を見たときにかなり多くの女性が恋愛対象となり、恋愛対象外となる女性は少ないです。これはもともと、男性が「ばらまく性」として生まれてるから。男性は自分で子供を産むわけではないので、子孫を残すにはいろいろな女性と付き合った方が確率が高くなるためです。ですので、多くの女性に気が向くようにできていますし、惚れやすくなっているともいえます。

一方女性は、恋愛対象となる異性の範囲が最初から狭くなっているのが特徴です。それは女性が1年に1回しか子供を産めない生物的特徴を持っているから。そのため男性を見たら誰でも良いなぁ、と思うのではなくて最初からある程度気になる異性を絞ってしまうのです。女性が「生理的に受け付けない」と感じる男性が多い理由は気になる男性を最初から絞っていい遺伝子を残そうとする生き物としての競争戦略からきています。

出会った女性のほとんどが恋愛対象になる男性に対し、「この男の子どもを産んでも大丈夫だろうか」と遺伝子レベルで厳しく選んでいる女性。両者には、そもそもの恋愛対象となる異性の母数に大きなちがいがあることが分かりましたね。

そうなると次に気になってくるのが「男性が恋愛対象とする女性はどんな特徴があるのか」、「女性が恋愛対象とする男性はどんな特徴があるのか」ではないでしょうか? ここからは社会人男女にとったアンケートをもとに、男女それぞれに恋愛対象となる異性の特徴を紹介します。

次ページ:男性目線! 恋愛対象になる女性とは

お役立ち情報[PR]