お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 妊娠・出産

【妊娠出産のウソ&ホント】2人目のほうが大きい赤ちゃんが産まれるってホント?

尾西芳子

将来妊娠したい、したくないに関わらず、妊娠・出産は未知の世界。出産未経験の女性たちが感じている妊娠・出産にまつわる素朴なギモンについて、産婦人科専門医の尾西芳子先生がわかりやすく教えてくれます。ウソかホントかわからない情報に惑わされずに、正しい知識を身につけましょう!

先輩ママの中には、「1人目の妊娠中はあまりおなかが出ていなかったのに、2人目はすごく大きくなって心配した」という人もけっこういるようです。果たして、2人目のほうが大きい赤ちゃんが産まれる傾向があるのでしょうか? 今回は、そんな2人目の赤ちゃんの大きさにまつわるウソ&ホントに迫りました! 産婦人科医の尾西芳子先生に解説してもらいましょう。

本日の「ソボクな疑問」

Q.2人目のほうが大きい赤ちゃんが産まれるってホント?

istock-489661676<読者の声>

・何人目だろうとサイズに影響はないと思う。(33歳/生保・損保/専門職)
・逆に小さいイメージがある。スムーズに産まれる感じがする。(25歳/食品・飲料/専門職)
・母体に長くとどまっていた赤ちゃんほど、大きく産まれる傾向にあると思う。(25歳/その他/事務系専門職)
・自分が姉よりも大きく産まれたので。(26歳/医療・福祉/専門職)
・大きくなりすぎて出産が困難になるのが怖い。(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

尾西先生のアンサーは!?

答えは……
ホントです!

「同じ週数・同じ性別で産まれた場合」は、2人目のほうが大きくなる可能性が高いようです。在胎週数(赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいる期間)別の出生体重の標準値は、どの週数でも、初産婦より経産婦のほうが100~150gほど大きいという統計結果があります(※)。ちなみに、女の子よりも男の子のほうが大きくなる傾向にあります。

2人目のほうが大きい赤ちゃんが産まれる理由としては、1度妊娠をすると、産道と同じく子宮も伸びやすくなるからと考えられます。もちろん、出産すればまた小さくはなりますが、妊娠前に比べれば若干は大きくなっていますし、2人目以降はより伸びやすくなります。ですから、外から少し圧迫されていた1人目に比べて、2人目以降は赤ちゃんの成長に合わせて子宮もスムーズに大きくなっていきます。

そのため、「1人目はあまりおなかが出ていなかったのに、2人目はすごく出る」ということはよくあることです。とはいえ、個人差もありますので、同じ週数・同じ性別であっても、2人目のほうが小さいということも当然あります。

「(2人目のほうが)スムーズに産まれる感じがする」という声がありますが、これは1人目の出産で産道が広がったからであって、赤ちゃんが小さいからというわけではありません。

2人目のほうが大きくなりやすいと聞くと、「ひとり目の出産よりも大変なのでは?」と心配される方も多いですが、あくまで統計上の話ですし、出産時の100~150gは、大した差ではありません。むしろ、産道が広がっているということのほうが100~150gの差よりもアドバンテージがあるので、たとえ2人目のほうが1人目より大きかったとしても出産は圧倒的に楽ですよ。

(※)日本小児科学会雑誌 114巻8号、日本小児科新生児委員会報告

(取材協力:尾西芳子、文:ヨダヒロコ、撮影:masaco)

※一部画像はイメージです

※この記事は 総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」編集部による内容チェックに基づき、マイナビウーマン編集部が加筆・修正などのうえ、掲載しました(2018.05.24)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください