お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うざいんだよっ! 「束縛女」が絶対にすること6つ

ファナティック

面倒くさい、うざい、うっとうしいと、男性からすこぶる評判が悪い束縛女。彼の気持ちに対して不安になるのはわかるけれど、束縛はほどほどにしておきたいですよね。では男性は、束縛する女性にどのような特徴を見いだしているのでしょうか。束縛女がやりがちなことを聞いてみました。
takebe160224310i9a0467_tp_v

行動すべてに報告の義務を課す

・「連絡を要求。出かけるときとか黙って出かけると怒る」(36歳/医療・福祉/その他)

・「出かける前にどこに行くのか根掘り葉掘り聞いてきて、いざ出かけるときには愛想が悪くなる」(36歳/その他/その他)

彼女たちには今日一日、彼が何をするのか把握していないと気が済まない傾向があるようです。彼も独立したひとりの人間。行動を管理されてうれしいはずはありません。

交遊を制限する

・「女性を交えた飲み会や趣味仲間の集まりに参加させない。まあ気持ちはわかるんだけど」(28歳/その他/その他)

・「絶対にすることというのはわからないけど、趣味や行動を制限するのとかは嫌だ」(28歳/その他/クリエイティブ職)

飲み会や友だちとの交遊、趣味などを制限するのは、自分の知らないコミュニティの中に彼がいることが嫌だからでしょうか。彼には彼の交友関係があることを尊重したいですね。

断りなく携帯をチェックする

・「携帯の電話履歴など個人情報を見る」(30歳/医療・福祉/技術職)

・「スマホを見たがる。拒否したら、こっそりと見ようとする」(35歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

これはもはやプライバシーの侵害とも言うべき行為です。「やましいことがないのなら見られても平気でしょ」というのは、単に自分が彼のすべてを把握したいという欲に勝てなかった言い訳でしかありません。

執念深く連絡を入れる

・「LINEでの連絡がひんぱんに入る。通知を切りたくなってくるほどに」(32歳/情報・IT/技術職)

・「一時間に何回もメールを入れたり、電話を掛けてきたりすること」(22歳/その他/その他)

メールやLINE、電話など、彼の状況を考えずに一方的に送りつけるのも彼女たちの特徴です。返事に時間がかかればすぐに怒ってしまうため、男性にとっては毎日のストレスになることでしょう。

どうしようもない質問をしてくる

・「『仕事と私とどっちが大事なの!?』と言う」(26歳/その他/その他)

・「何度もメール、電話をしてくる。『私のこと好き?』と毎日聞いてくる」(28歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

彼の気持ちを確認したいのかもしれませんが、こんな質問をしたところで「いちいちめんどくさい」と思われるのがオチ。どんな答えを聞いても、安心することはできないでしょう。

ストーカー的な行為

・「不意打ちでの訪問や持ち物の盗み見など、自分が相手のことを把握するための勝手な行動や理不尽で迷惑な行動」(28歳/その他/その他)

・「ストーカーになる、以上」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

もはやいつ被害届を出されてもおかしくないようなストーカーまがいの行為に出る女性もいます。束縛する気持ちが強すぎると、彼はどんどん逃げていってしまうでしょう。

まとめ

束縛は、女性のもともとの性格もありますが、相手を信頼できない心が引き起こしている場合もあります。自分は束縛するほうだと自覚がある人は、なぜ彼を信頼できないのか、根本的な原因を考えることが大切かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月16日~2016年12月19日
調査人数:311人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2017年01月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE