お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 金銭感覚

「金運がいい」人がしている6つの習慣

ファナティック

同じくらいの給料のはずなのにいつもお金に困っている人もいれば、逆にお金に不自由していなさそうな人もいますよね。いわゆる「金運がいい」タイプの人は、ちょっとした臨時収入などにも恵まれているのかも。今回は、金運がいい人がしている習慣にはどんなものがあると思うのか、男性たちに聞いてみました。
max16011624_tp_v-1

■風水を実践

・「風水を部屋のインテリアなどに取り入れている」(37歳/その他/技術職)

・「トイレ掃除を毎週欠かさない」(22歳/食品・飲料/営業職)

生活全般の教えとして実践している人も少なくない風水。インテリアの配置や色使いなどいろいろな方法で金運を呼び込めるとも言われる風水は、生活にも取り入れやすいので金運が悪いと嘆いている人は試してみてもいいかもしれませんね。

■金運アップのゲン担ぎ

・「マンホールを踏まないと聞いたことがある」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「お札を財布に入れるとき、お札をひっくり返して入れている」(22歳/警備・メンテナンス/技術職)

昔からの言い伝えや都市伝説のようなものまでいろいろあるおまじない。金運に関するもので言えば、蛇の抜け殻を財布に入れておくなども有名ですよね。宝くじの高額当選者が実践していたとも言われる「マンホールを踏まない」など、自分でもできそうなことを調べてみるのもおもしろそうですね。

■お金の使い方にメリハリがある

・「お金を派手に使う人は、やはり入ってくるお金も大きいものになる気がする。その逆かもしれないが」(22歳/情報・IT/営業職)

・「金運がいいというより、お金の使い方にメリハリがついている人はそう見えるような気がする」(39歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

金運をよくするためにはお金の流れをスムーズにすることが大事とも言われています。もちろん、使うだけではお金は減る一方ですが、的確にお金を使えばそれだけのリターンもありそうですね。

■計画的にお金を使う

・「まず貯蓄目標や日々の支出予算を決めてから行動する」(35歳/不動産/営業職)

・「貯金と節約ができる。元々、浪費しない」(32歳/その他/営業職)

計画的にお金を使うことで、しっかりと節約して貯金もできる。倹約家というのはお金が貯まるという意味では金運のいい人ですよね。浪費せずにきちんと計画を立ててお金を使う習慣は、ぜひ身につけたいものですね。

■周囲の人を大事にする

・「人との繋がりや人を大事にする。巡りめぐってお金が舞い込んできそうだから」(28歳/その他/事務系専門職)

・「人にやさしくする。人徳がたまりそれが帰ってくる」(37歳/運輸・倉庫/その他)

人のためにお金を使うことができれば、それが自分の元にまた帰ってくる。周囲の人を大事にする人は人徳もお金も手に入れられる人かも。困ったときにも周囲の人からやさしく手を差し伸べてもらえそうですね。

■身の回りをキレイにする

・「部屋がいつも片付いていて、身だしなみのケアも忘れない」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「整理整頓がいつもできている。財布にレシートをためない。財布のお札を向きをそろえてる」(39歳/その他/その他)

部屋の整理整頓、財布の中の整理整頓。きちんと片づけができるというのも金運を上げるためには大事なことかも。散らかし放題の部屋では、必要なものも見つからず持っているものをまた買うという散財にも繋がりそうですね。

■まとめ

運がいい人と悪い人がいる。それは金運に関しても同じことですよね。でも、その運は生まれ持ったものだけでなく、日ごろの習慣や自分自身の考え方次第で変わっていくものなのかも。金運を上げるために効果があると言われる風水やおまじないなどは、すぐに効果が出るものではないでしょうが、それをすることでお金への意識が変わるのならやる価値アリ。無意識にお金を使っているようではいつまで経っても金運は上がらなさそうですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月6日~2016年12月9日
調査人数:393人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]