お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 金銭感覚

マジ引くわ!! 「お金にガメつそうな女性」の特徴・6つ

ファナティック

しっかり節約して貯金している人を見ると「偉いな」「見習わないといけないな」というような気分にさせられますよね。でもその節約が度を越してガメつさを感じさせるようなものだと、かなり悪印象かも。そこで今回は、お金にガメつそうな女性の特徴について、同性からの意見を聞いてみましょう。

■ポイントカードやクーポンを駆使する

・「ポイントカードや割引などを気にしている女性。ケチそう」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「クーポンを使うのが大好きな人」(25歳/生保・損保/営業職)

節約生活には欠かせないポイントカードやクーポン。でも、必至になってポイントを集めたり、クーポンが使えるお店しか行かないというのでは、ガメつそうに見られてしまうかも。人が一緒のときには使うかどうかをよく考えた方がいいかもしれませんね。

■お金への執着が強い

・「お金が大好きで執着がすごい女性」(26歳/その他/事務系専門職)

・「お金をためることが趣味、貯金に人生をかけている人」(25歳/その他/事務系専門職)

貯金が趣味と公言してはばからないほどお金に執着心がある人も、ガメついと思われるようです。ムダ遣いで散在するよりは堅実と言えますが、お金への執着心にはしたなさを感じる人もいるかもしれませんね。

■人を見る基準がお金

・「玉の輿(こし)をねらってたり、ブランド品に目がない。お金が基準で物事を考えているから」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「合コンのときに、相手の男性の着ている服のブランド、時計などをチェックしている女性。それでお金を持っている男性かどうかを判断しているから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

付き合う男性や結婚相手を選ぶときに、あからさまに財産を狙っていたり、男性の持ち物を値段でチェックしたり。人をお金でしか見られない人もガメつい感じがしますよね。こういう女性は、男性からも敬遠されそうです。

■損得を考えて行動する

・「いつも損得を考えて行動している。何をするにもまずお金に換算してから行動する」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「何でもお金に換算して得か損かで考えている」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

計算高さというのはうまく世の中を生き抜いていくために必要なものですが、損得勘定だけで動く人は信頼を得られなさそう。自分の得にならないことは一切しないという人とは一緒にいてもイライラしそうですね。

■交際費をケチる

・「割り勘の女性同士の飲み会にはあまり来ないけど、おごられる食事会は喜々として来る」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「遊ぶときに交通費をやたら気にする人」(23歳/情報・IT/事務系専門職)

みんなで楽しく出掛けたはずなのに、遊ぶときのお金にもシビア過ぎる。金銭感覚のしっかりした女性ではあるものの、遊ぶときは遊ぶとメリハリをつけた生活ができていないと、ただのケチな人に見られてしまうかも。

■1円単位で割り勘

・「1円単位で割り勘する。完全割り勘はガメツそうなので」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「割り勘の際割り勘負けしないように食べる飲む」(34歳/金融・証券/営業職)

自分がお金を出すときは1円たりとも損をしたくないとばかりにきっちり割り勘。あまりにも細かい割り勘には尻込みしてしまって、つい「端数は出すよ」と言いたくなる人もいるかもしれませんね。

■まとめ

金銭的にルーズな人にも困るけれど、お金への執着心が強すぎる人も、友だちとしては疲れてしまいそうですね。ほかにも「いつも金欠をアピールしてる女性。うっとうしい」(29歳/医療・福祉/事務系専門職)、「お茶代とか『手持ちがないから貸してほしい』と言われ貸すが、絶対自分からは返すそぶりを見せない」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)と金欠であることを必要以上にアピールする言動が多いのもガメつい女性の特徴。誰にとっても大事なものであるお金ですが、あからさまにセコさやケチな部分が見えるとその人自身への印象も悪くなりそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月24日~11月30日
調査人数:107人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]